電動糸鋸を使って板を曲線に切り抜ぬき、その板に穴を開けて籐を通していくと・・・。板の曲線と籐の曲線、二つの曲線が作り出すおもしろさを味わえる作品です。

高学年立体作品-カーブ&カーブ<

作品イメージ

【用具材料-材料費約450円】
圧縮版 36cm×26cm 2枚
籐 3m程度 1枚
角材15cm程度×1cm×1cm  4本
カラービーズ 紙粘土 少量

【制作手順-12時間 対象-5年生】
1.2枚の板の両面にアクリル絵の具で色をつける。
2.紙に切る形を描き、板に留める。
3.電動糸鋸で板を切る。
4.電動ドリルで穴を開ける。
5.カラービーズを通しながら籐を穴に通していく。
6.紙粘土で飾りを付ける。

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


材料、角材は90cmのものを各自切る

板に色をつける。両面を2枚なので4色まで可。ただし仲間の色

板の大きさ大の紙に切る線を描く
  

紙を板に貼り付けて、紙ごと電動糸鋸で切る

切り口にはヤスリをかける

ポスカを使い切り口に着色

ポスカで細かな模様を描く

角材に圧縮板の切れ端を挟み込んで土台に接着

作業中も切れ端は挟んだままに

ドリルで穴をあけて、そこに籐を通す

ビーズも通しながら、バランスを考えて

紙粘土に絵の具を混ぜ込み、飾りをつくる

補足説明

・板を緩やかなカーブの連続で切り抜き、そこに籐を通してできるカーブを楽しむ。板のカーブと籐のカーブでカーブ&カーブである。
・2枚の圧縮板のうち、一枚で大きな形を、もう一枚で、土台と小さな形を作る。
・2枚の平面的な造形に、籐のふくらみのある造形が付け加わるように注意して作成する。
・板を電動糸鋸で切るとき、下描きをせず自由に板を動かして切る方法もある。ただしこの場合は、できあがりかたちをイメージできにくいので、上記のような複雑なカーブを切ることは難しくなる。今回のように、一枚の板でひとつの形を切る場合は、下描きに沿って切ったほうがおもしろいものができる。

【スポンサーリンク】