はじめての電動糸鋸。たくさん切って経験を積ませたいけれど、板をたくさん切るには予算が・・・。そんな時に便利なのがダンボール。たくさん切って電動糸鋸を自在に操れるようになりましょう。せっかくダンボールを切るのだから、そのダンボールで作品を作ってみよう。そんな考えから生まれた題材です。

高学年平面作品-ダンボールから生まれた不思議な形

作品イメージ
【用具材料】材料費-1人300円程度
板ダンボール260mm×190mm×4mm 白2枚 茶4枚(内2枚を黒に着色)
ウエーブシート300mm×300mm 白1枚 茶2枚
色紙 ホイルシート各1枚
*板ダンボールは教材として販売されている520mm×380mmのものを4等分して配布。ウエーブシートは同様に巻きで販売されているものを切って配布した。
アイディア型紙 部品型紙
【制作手順-10時間 対象-5年生】
1.材料の準備する。アイディアを考える(2時間)
2.型紙を完成させて板を切り、基本の形を作る(2時間)
3.大きな飾りを付ける(2時間)
4.小さな飾りを付ける(2時間)
5.色紙で色や模様を入れる(2時間)
【スポンサーリンク】

制作過程写真解説

ダンボール工作 1.材料-ウェーブシートと板ダンボール
ダンボール工作 2.準備1-ウェーブシートを3㎝の帯にする
ダンボール工作 3.3cm間隔に穴を開けた紙を使って印を付け、線で結ぶ
ダンボール工作 4.はさみで3枚のウエーブシートを全て帯に切る
ダンボール工作 5.準備2-アクリル絵の具で板ダンボール片面を黒にする
ダンボール工作 6.基本の形のアイディアを考える
ダンボール工作 7.3枚の板ダンボールと型紙をテープで留める
ダンボール工作 8.3枚同時に板ダンボールを電動糸鋸で切る
ダンボール工作 9.ウエーブシートの帯を巻いて柱を作る
ダンボール工作 10.柱を3か所程度入れ、積み重ねる
ダンボール工作 11.基本の形の完成
ダンボール工作 12.基本の形を変える大きな部品は2枚重ねで
ダンボール工作 13.上、前後、左右に形を付け加えていく
ダンボール工作 14.ウエーブシートもうまく使って
ダンボール工作 15.次第に小さな部品を取り付けていく
ダンボール工作 16.色紙やホイルシートを小さくして色や模様を入れる
ダンボール工作 17.部品にうまく合わせるとおもしろい
ダンボール工作 18.完成作品
ダンボール工作 19.完成作品
ダンボール工作 20.完成作品
ダンボール工作 21.完成作品
ダンボール工作 22.完成作品
ダンボール工作 23.完成作品
ダンボール工作 24.完成作品

補足説明

・5年で学習する電動糸鋸の練習をかねて作品作りを行なったものである。今回は作品として飾っておけるものを考えたので制作に10時間をかけたが、練習に重点を置くなら色紙を使わなかったり、板に色をつけなっかたりして、もっと短時間で扱うこともできる。
・ダンボールの表面が両面白のものは教材として販売されているが、黒のダンボールがなかったので、アクリル絵の具で色をつけた。
・ダンボールを3枚重ねて切り、その間に帯にしたウエーブシートの柱を入れることで立つ形を作り、これを基本の形とした。板ダンボールは白、黒、茶の3色を2枚づつ持っているが、このうちどの板を使うかによって作品の色が変わってくる。基本の形に使った以外の板で部品を作っていくことになる。
・電動糸鋸の練習だけを考えた場合、型紙をつくらないで自由にいろいろな方向に板を回しながら切らせても良いが、細い部分が多くなるとダンボールが折れ曲がりやすくなるし、何も目印のない板を考えながら切っていくのは子どもにとってとても難しいようである。そのため、アイディアを描く用紙を配布し、できたものを型紙として使った。この型紙の段階でこわれやすい部分や大きさを教師がチェックした。
・小さな部品を貼った後に大きな部品を貼ると隠れることがあるので、大きな部品から小さな部品へと作業させるとよい。色紙やホイルシートはパンチやクラフトパンチなどで型抜きするか、はさみで切って使う。あまりに色が多いとダンボールの色が沈むので、少量の紙を細かく使う方がよい。
・小さな部品を作る段階で、ハートや星などの型紙を配布した。使っても使わなくても良いが、形通り切る練習にもなるし、作品も引き締まる。
・今回のような形をどんどん付け加える工作で大切なのは、工夫した部品を付け加えることである。ひとつひとつの部品の形が工夫されているから、それが集まった時工夫した作品になる。逆になんでもかんでも適当に付け加えていくとごみのように見えてくる。とくに気を付ける必要があるのは、板の端である。部品を切った残りの部分が偶然面白い形になっていることがある。それをそのまま使った時、板の角や辺がそのまま残っていると不自然でゴミを貼り付けたように見えるので気を付けさせる。

【スポンサーリンク】