ウエーブシート(片面巻ダンボール)を切って、それを巻いていくとタワーのように見えます。さらに展望台のような形にシートを巻いたり、板ダンボールをいろいろな形に切って貼ったりすると未来都市のようにも見えてきます。材料に、白、黒、茶のダンボールを使うことで、通常の茶だけのダンボール作品より華やかになりました。

中学年立体作品-ダンボールタワー

まわれまわれ
作品イメージ


【用具材料-材料費400円程度】
ウエーブシート300mm×500mm 白、黒、茶 各1枚+3色のうちどれか1枚の計4枚
(白黒については900mm×3m巻が販売されているので、1本で18枚できる)
(茶については1200mm×18m巻 144枚分)
板ダンボール 380mm×260mm×4mm 両面白、両面茶 各1枚
380mm×270mm×3mm 片面黒、片面茶 1枚

(白、茶については、上記の倍のサイズ5枚入り-10枚分 片面黒については上記サイズが10枚入りで市販)
紙管 直径57mm×30mm ひとり3つ
感熱拡大機の57mm×900mmの紙管から30個とれるので1本10人分できる
ホイル紙 少量       

カッターナイフ練習プリント

【制作手順-10時間 対象-4年生】
1.ウエーブシートの帯で作ってみる(2時間)
2.カッターでいろいろな形を切り抜く、土台を作る(2時間)
3.タワーを作りダンボール板やウエーブシートをつけていく(4時間)
4.ホイル紙で飾る(1時間)
5.鑑賞(1時間)

【ねらい】
ダンボールの特徴や色を活かして、タワーの形を工夫しながら作る

【評価】
ダンボールを使ってタワーを作る活動に意欲的に取り組めたか。
色や形の組み合わせを工夫し、自分なりのタワーを作ることができたか。
切りたい形にカッターナイフでダンボールを切ることができたか。
ウエーブシートをうまくいかして面白い形を作ることができたか
友達の作品の良いところ、自分になかった発想に気づくことができたか。

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


1.材料

2.ウエーブシートの内、1枚を選び、3cm間隔に印をつける

3.印を定規で結ぶ

4.結ばないところを作り、太さを変える

5.途中を切って長さを変えても良い

6.巻いて端にボンドを付け

7.輪ゴムをかけておく

8.いろいろな形を工夫してみる

9.板ダンボールの内1枚を選び、プリントを重ねる。

10.切る順序や向きを考えながらカッターで切っていく

11.カッターナイフは鉛筆持ちでも上から握るように持っても良い

12.プリントの形が切れた

13.ウエーブシートは斜めに切る

14.切る場所を変えると

15.タワーの高さが変わる

16.台紙は残っているダンボールを写真のように重ねて

17.線を引いて

18.切るとほぼ正方形になる

19.もう一枚は正方形より小さく切って

20.紙管つけて

21.浮かんだ台を作る

22.ウエーブシートやダンボールを貼り付けて

23.細かな工夫を入れる

24.ホイル紙を少し貼ると美しい

補足説明

ダンボールシティの実践を白、黒、茶の3種類の板ダンボールとウエーブシート(片面巻ダンボール)を使って再構成したものである。この題材は他の先生に実践していただく提案題材で、作品の制作過程、完成作品はすべて教師の制作によるものである。
・ダンボールは三色をそれぞれ各1枚で足りるが、巻いて使うウエーブシートは練習用を入れて各色1枚では少し足りない。そこで、1人に各色1枚ずつ計3枚渡し、1人当たり4枚になるように残りは班で配ってわけさせるとよい。
・教材としてカタログに掲載されたいる中では茶のウエーブシートと黒の板ダンボールが他の色と規格が違う。特に板ダンボールは少しだけサイズが他の色と違う。
上の制作過程のようにサイズ取りをして切るときれいな正方形にならないが、いろいろと部品を付けていくとほとんど気にならなくなるので、簡便な方法をとった。
・紙管は拡大機のロール感熱紙のものである。この紙管は丈夫で今回の工作だけでなくいろいろ役に立つので捨てないでストックしておくと便利である。ただし今回のように短く切るのは、硬いので児童には無理である。教師が電動糸鋸で切ったものを用意した。
・ボンドが乾くまでの間、輪ゴムを使って端を留めるが、この輪ゴムを付けたまま、部品どうしを接着していくとはずしにくい箇所がでてくる。そのようなときは、無理に外そうとせず、はさみで輪ゴムを切ればよい。
・板ダンボールの切断にはカッターナイフを使った。ダンボールカッターは大きな部品の場合は良いが、小さな部品の場合は切り口が汚かったり、ダンボールが折れてしまったりするので、カッターナイフにした。
・この題材には、ウエーブシートを帯状にして形を作る練習とカッターナイフで板ダンボールを切る練習の2つがある。この時に作ったものを捨てずに持っておき、作品の中で使うようにしたい。
・ウエーブシートを帯状に切る時、厚紙に穴を開けたものを用意し、その穴にしるしをつけるだけで、簡単に3cm間隔の直線が引けるものを使った。当然だがシートを切るのは丸めやすい方向、波の凸凹を横切る方向に切る。


【スポンサーリンク】