端午の節句らしく金太郎と熊を登場させてみました。この2人に柏餅を組み合わせ5月の掲示物にしました。柏餅は葉脈に沿って谷折り山折りを交互に繰り返す葉っぱ定番の折り方ですが、餅の上になる部分にこの折り方を使うと、随分質感がよくなります。

5月の掲示物-金太郎と柏餅

1月の掲示物-金太郎と柏餅
作品イメージ

【用具材料 全紙1枚の掲示板用
○金太郎と熊
黒色画用紙(八つ切り)1枚(髪、目)
うすだいだい色画用紙(4つ切り)1枚(顏、手)
茶色画用紙(4切り)1枚(熊)
白色色画用紙(16切り)1枚(白目、耳、腹掛けの輪)
赤色色画用紙(16切り)1枚(腹掛け、口)
○柏餅
緑色画用紙(16つ切り)1枚で餅2つ分

白色画用紙(16つ切り)1枚で餅2つ分
○背景
水色画用紙(全紙)1枚(背景)
○型紙
型紙1(金太郎1)型紙2(金太郎2)型紙3(熊1)型紙4(熊2)

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


金太郎と柏餅
1.部品に切る
金太郎と柏餅
2.頭に顔を取り付け
金太郎と柏餅
3.眉、目を接着
金太郎と柏餅
4.切り込みを少し重ねて貼り立体的にして
金太郎と柏餅
5.口をつける
金太郎と柏餅
6.体も切り込みを重ねる
金太郎と柏餅
7.腹掛けに円を貼り
金太郎と柏餅
8.上下を体に接着してふくらみを出す
金太郎と柏餅
9.腕は横に伸ばした状態で貼り付ける
金太郎と柏餅
10.熊の部品
金太郎と柏餅
11.顔のパーツを取り付けて
金太郎と柏餅
12.切込みを合わせ立体的に
金太郎と柏餅
13.体も同じようにして
金太郎と柏餅
14.手を接着する
金太郎と柏餅
15.柏餅のパーツ
金太郎と柏餅
16.折り線を入れて
金太郎と柏餅
17.山折り谷折りを交互に
金太郎と柏餅
18.餅はドーム状に接着して
金太郎と柏餅
19.葉の上にのせ
金太郎と柏餅
20.餅を巻くように接着する
金太郎と柏餅
21.熊を台紙に接着したら
金太郎と柏餅
22.柏餅を熊の口の近くに貼り付けて
金太郎と柏餅
23.手を柏餅に添えるように接着する。
金太郎と柏餅
24.金太郎も同様
金太郎と柏餅
25.柏餅を口の近くに貼って
金太郎と柏餅
26.手に持たせて出来上がり
金太郎と柏餅
27.柏餅を食べる熊と金太郎
金太郎と柏餅
28.まわりに柏餅を貼る
金太郎と柏餅
29.横から見たところ
金太郎と柏餅
30.横から見たところ

補足説明

色画用紙に切り込みを入れ、少し紙を重ねて貼ることで、紙が低い円錐形になり、立体的にすることができる。金太郎と熊は顔と体にこの方法を使った。各パーツは円錐形にする前に貼っておくと作業が楽。
熊の茶色や金太郎のうすだいだいは類似色の色画用紙があったので顔と体で紙を変えているが、同じ色でも問題はない。
柏餅の葉は山折りと谷折りを繰り返して葉脈の感じを表現する葉の定番の折り方である。これを葉の上3分の1ぐらいまで行って、餅になる部分を巻くようにつけると柏餅らしい表現が可能である。

【スポンサーリンク】