大きな木の上に鳥が一羽。その鳥の歌声を表現するかのように、大きな木から葉っぱが音符になって流れていきます。その音符の上下を音楽に誘われて飛んでいる鳥の群れ。音楽会のステージ上の装飾をそんなイメージで行ってみました。作品イメージは絵ですが、後日実際の装飾をアップロードします。

音楽会ステージ装飾-大きな木と鳥

大きな木と鳥
作品イメージ
【用具材料】
○木
2枚重ねダンボール(3×6判)4枚
アクリル絵の具
○鳥(12羽)
ひまわり、黄、やまぶき色マーメード紙八つ切り(翼の色は各6枚、頭胴体は12枚)
○葉っぱ(各色12枚)
若草、もえぎ、黄緑色マーメード紙八つ切り各4枚
赤、だいだい、こがね色マーメード紙八つ切り各4枚
○音符部品
からし色黄緑マーメード紙八つ切り4枚
【型紙】
大きな木(拡大機用)-2ページ
ト音記号の翼の鳥-2ページ
葉っぱの音符-2ページ

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説

音楽会会場装飾
1.型紙を拡大したものと大きなカーボン紙を用意
音楽会会場装飾
2.型紙をなぞり、ダンボールに線を写す
音楽会会場装飾
3.ダンボールに線が描かれた
音楽会会場装飾
4.ダンボールをカッターで切る
音楽会会場装飾
5.木の形のできあがり
音楽会会場装飾
6.裏側から仮止めをしてローラーで色を付ける
音楽会会場装飾
7.3色を塗り重ねた
音楽会会場装飾
8.幹にボンドを塗り
音楽会会場装飾
9.木に貼り付ける
音楽会会場装飾
10.幹に色を付ける
音楽会会場装飾
11.同じく3色を重ねた
音楽会会場装飾
12.裏側からの補強
音楽会会場装飾
13.ダンボールを垂直に立てるように接着
音楽会会場装飾
14.補強と補強がつながるように
音楽会会場装飾
15.木の完成
音楽会会場装飾
16.裏側から見たところ
音楽会会場装飾
17.鳥の部品を切り抜く
音楽会会場装飾
18.折り線に従って折る
音楽会会場装飾
19.各部品をつなげる
音楽会会場装飾
20.目と口ばし、翼を取り付けて
音楽会会場装飾
21.ハトメ穴に安全ピンを付ける
音楽会会場装飾
22.葉っぱの形に切る
音楽会会場装飾
23.山折谷折りを繰り返す
音楽会会場装飾
24.音符の部品
音楽会会場装飾
25.音符の形の完成
音楽会会場装飾
26.安全ピンも付ける
音楽会会場装飾
27.紅葉した葉も作ってみた

補足説明

・木の型紙は拡大の費用を抑えるため、2枚分を1枚に記している。点線と実線でみきわめてほしい。
・大きな木は、3×6判のダブルダンボールをつなぎあわせたものである。これだけの大きさになると持ち上げようとするだけで、重みでダンボールが折れてしまう。そこで、背面の補強が必要

になってくる。補強は、その場その場で考えながら行って写真のような状態になっている。補強のポイントは、つなぎ目を別のダンボールで広く貼ること、ダンボールを垂直に立てるような形で補強すること、切込みを入れて組み合わせるなどして補強同士がなるべくつながって一体化することがあげられる。
・この木を実際に飾り付けるには、自立させることがむずかしいので、倒れないように上からの紐で軽く吊るようにする。
・ト音記号の羽根を持つ鳥は、音楽会会場装飾-城と鳥と同じものだが、より効率的にマーメード紙を使えるように型紙を見直した。そのため、こちらの鳥の方が少し大きくなっている。
・鳥も葉っぱも左右反転したものは、マーメード紙を折る時や貼り付けるときに紙を裏返して作る。ただし、ト音記号や8分音符などは、左右に注意が必要である。