お正月らしい雰囲気が漂う扇と門松の掲示物です。赤の背景とメタリックテープでおめでたい感じを出しました。

1月の掲示物-扇と門松

作品イメージ
【用具材料】
台紙-若草色画用紙(全紙2枚)
背景-赤色画用紙(全紙1枚)
扇-白色画用紙(4つ切り2枚)
    紙帯(3cm×2m 色画用紙で紙帯を作りそれをつないで2mぐらいにしたもの)
門松-緑・茶・黄・紫の色画用紙(八つ切り又は八つ切りの縦長半分)
メタリックテープ
門松型紙-B4サイズに印刷のもの

【制作手順】
1.扇を作る
2.帯を作る
3.台紙に赤の背景と、扇、帯を貼る
4.門松を作る
5.台紙に門松を貼る

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説

扇と門松
画用紙にメタリックテープを貼る
扇と門松
谷折り山折りを繰り返し、蛇腹に折る
扇と門松
2枚をつなげて、下部を寄せ、扇を作る
  
扇と門松
紙帯を交差するように持ち、短い端を向こう側に折る
扇と門松
長い部分を相手の紙に載せるようにして交互に折る
扇と門松
交互に折ることを繰り返す
扇と門松
すべて折れたら、端を接着して、バラバラにならないように留める
扇と門松
立体的な帯の完成
扇と門松
扇に接着する
扇と門松
門松に使う色画用紙
扇と門松
門松の型紙に合わせて切る
扇と門松
半立体的に折る
扇と門松
竹3本を束ねるようにして茶色の色画用紙で巻く
扇と門松
扇をとりつける
扇と門松
斜め横から見たところ

補足説明

・1月用の扇と門松の掲示物である。扇は金色のライン入れることで正月らしさを出した。
・この掲示物のポイントは、山折り谷折りを繰り返す蛇腹折りとドーム状の筒の形である。筒(竹)は、一旦画用紙を半分に折り、一方にのりしろを作ることで、のりしろ分だけ長さが短くなり、結果半立体的にドーム状ができることを利用した。
・帯は2色の紙を互いに折り重ねていくことで作る。お互いの紙の上に重ねるように折っていく。

【スポンサーリンク】