図工では大きさが重要な要素になります。色を塗ろうとして小さすぎるとうまくぬれませんし、大きすぎると紙に収まりません。ここでは、花びらの形を最適な大きさの用紙から切ることで、自然に出来上がりの大きさが決まるような題材を考えてみました。

低学年平面作品-不思議な花

色とり鳥
作品イメージ
【用具材料】
絵の具 はさみ ボンド
8つ切り色画用紙(白)2枚
8つ切りの大きさの汚れてもいい紙(花びら接着用)
花の中心の型紙

【制作手順-4時間 対象-1年生】
1.画用紙を花びらの形に切り、ボンドで接着する(1時間)
2.背景に色を塗る(1時間)
3.花に色を塗る(1時間)
4.茎や葉を描き、花を接着する(1時間)

【めあて】
画用紙を工夫して切って、不思議な花を作る
クレパスで色や模様を考えて隙間なく塗る
筆を一方方向に使い、広い面を塗る

【評価】
花の形を工夫してつくれたか。
色や模様を工夫して丁寧に塗れたか
筆の動かし方に気を付けて絵の具で色を塗れたか
【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


1.八つ切り画用紙とそれを4等分した32切り画用紙

2.32切り画用紙3枚を半分に折る

3.花びらの形を工夫して切る

4.画用紙をあまり余らせすぎないように気を付ける

5.32切り画用紙3枚で6枚の花びらができる

6.八つ切りの大きさの紙の上で花の形に並べる

7.型紙を使って、花の中心を残りの32切り画用紙で切る

8.全体にボンドを塗って

9.花の中心に貼る

10.ボンドが乾いたら

11.クレパスで花びらや中心の形を活かしながら

12.色を隙間がないように塗る

13.対になる花びらは同じもようでもよい

14.背景は混ぜない一色で塗る

15.水かげんを調整して、一方通行で横向きに塗る

16.背景が完成した

17.花の中心をテープで仮留めする

18.花びらを持ち上げて花びらの下から茎を描く

19.茎は画用紙の下まで伸ばす

20.茎がかけたら、葉もつける

21.葉が描けたら、花をボンドで接着する

補足説明

・・この題材は他の先生に実践していただく提案題材で、作品の制作過程、完成作品はすべて教師の制作によるものである。
・描いたものが大きすぎる場合、画用紙を足すことでも解決できる。しかし、作品展の出品規定などの制約から、8つ切りや4つ切りに収めたい場合も多い。そんな場合に、花びらを決められたサイズの紙から切ることで、大きさのばらつきを少なくした題材を考えてみた。花びらが小さくしか切れなかった場合、新しい紙を渡して切らせれば良い。細くなった場合も新しい紙を渡して、花びらの枚数を増やせば良い。
・八つ切りの大きさの紙の上で並べる際、大きすぎれば重なりを多くして、小さいようなら、間を広くあければよい。花びらの中心にボンドを付けて貼り付けたあと、下の紙にくっつくのを防ぐため、裏返して乾かすとよい。
・絵の具は1色を広い面に塗る場合、パレットの大きな部屋に直接出す方が扱いやすい。


【スポンサーリンク】