知っていると便利な授業に役立つヒント集です。知っている人には、当たり前のことだったりしますが、知らない人にとってはとっても役に立つ。そんなコーナーです。私自身も、板に色を塗るのに長らく刷毛を使っていました。スポンジローラーやスポンジを使ってみて、びっくり。全く作業効率が違います。この方法をもっと早く知っていれば・・・・。

役立つ授業のヒント-板に(アクリル絵の具で)色を塗る


いずれの塗り方でも絵の具は直接板の上に出すと良い。
【筆や刷毛は時間と絵の具が余分にかかる】
板に色を塗る時、刷毛や筆を使うと、均一に塗りにくいので、絵の具の厚い部分とうすい部分ができる。そのため過剰に絵の具を使いすぎることが多い。ここでは、手早く綺麗に板に色をつける方法を説明したい。
【スポンサーリンク】

方向を変えながらローラーを何度が転がすだけで色が塗れる。
【ローラーを使う】
スポンジローラーを使うと均一に塗りやすい。最初、板に出した絵の具を強くこすって飛び散らないように注意するだけて、特に気をつけなければないらないこともない。

ローラーは混色効果がおもしろい。
【スポンジローラーの利点】
スポンジローラーは、混色でおもしろい効果を出すことができる。最初から2色を出して、混ぜ合わせるようにローラーを転がす方法と、1色を塗りおえてから、その上にもう一色を出して塗る方法とがある。別に塗ると完全に混ざらないので、それが模様になっておもしろい。

板塗り用に用意したスポンジ
【大きなスポンジを切って利用する】
さらに簡単な方法がスポンジを使う方法である。ホームセンターなどで緩衝材として販売されている大きめ(例90cm×90cm×3cm)の物を切って使うと安価に済む。使い捨てで利用しても良いし、洗って乾かせば複数回利用できる。  

後片付けが不要なら時間短縮になる。
【スポンジを使って塗る。】
すこし手は汚れるが、板の上に出した絵の具をスポンジで塗り広げるようにして色をつける。スポンジを使い捨てにした場合、水道の少ない場所でも作業できるし、片付けが不要な分短時間で作業を終えることができる。

【スポンサーリンク】