形を工夫しながら、画用紙を切って、一枚の不思議な形の 花びらができました。それを花の中心に並べていくと不思議な形の花ができました。その花に混色しながら、たくさんの色で彩色すると、色いっぱいの不思議な花のできあがりです。

中学年平面作品-色いっぱいの不思議な花

色いっぱいの不思議な花
作品イメージ
【用具材料】
絵の具
4つ切り色画用紙(白)
32切り画用紙(白)
花の中心プリント
スポイト
ネームペン
マーカー(プロッキー、ポスカ)
【制作手順-10時間 対象-3年生】
1.画用紙を水で濡らし、水多めの絵の具で画用紙前面に色を付ける。(1時間)
2.不思議な花のアイディアを紙に鉛筆で描く(1時間)
3.32切り画用紙を形を工夫しながら切りって花びらにし、それをネームペンでなぞって花を描く(2時間)
4.色を混色しながら、たくさんの色と模様で花を彩色する(4時間)
5.マーカーを使ってまわりの様子を描く(2時間)
【ねらい】
花びらの形を工夫して、不思議な花を描く
混色で色を作りながら、たくさんの色で彩色する
【評価】
形を工夫して、花を描くことができたか
パレットをうまく使い、多くの色を作って彩色することができたか
【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


1.スポイトを使い水を多めにして、絵の具を溶く

2.濡らした画用紙に太筆で色を置くように塗る

3.不思議な花のアイディアを考える

4.形を工夫しながら画用紙で花びらを切る

5.花びらの形ができた

6.花の中心も切り取り、形をなぞる

7.中心のまわりに花びらを置き、ネームペンで形をなぞる

8.少し離れた場所にふたつめの花を描く

9.花ができたら、茎や葉も付け加える

10.色を出会わせながら、いろいろな色で花を塗っていく

11.パレットの使い方に気を付けて、上手な混色をする

12.色数が多くなっても、パレットをきれいに保つと色いっぱいにぬれる

13.花の出来上がり

14.マーカーを使ってまわりの様子を小さく描く

15.完成作品

16.完成作品

17.完成作品

18.完成作品

19.完成作品

20.完成作品

21.完成作品

補足説明

・混色の方法を学習してから、それを使って描く題材である。同様の題材に、「カラフルなヘビ」がある。混色の指導に関しては「カラフルなヘビ」を参考にしてほしい。
・花びらを色いっぱいに塗るためには、ある程度の大きさが必要である。そこで、花びらを画用紙を切って作り、それをなぞって描いていくことにした。こうすることで、どの子も大きな花ができる。この時、はさみの扱いが上手な子に起こりがちなのか、細かい切込みを入れすぎることである。あとで絵の具で塗ることを説明して、あまり細かな工夫にしすぎないようにさせる。
・花の中心は、プリントを用意して、その形を切って使わせた。特に画用紙に印刷しなくても、上質紙などでも問題はない。形をなぞる時に、紙を頼りにしすぎず、少し大き目に描くようにさせると、紙もずれないし、紙が薄くてもきれいにできる。
・花は、紙からはみ出てもいいし、2つ目の花が重なってもよい。(というより、はみ出たり重なったりしたほうがおもしろい)ただし、重なることがわかった場合は、花びらを全部なぞらないで、最初に描いた花びらにぶつかったところでやめることを知らせておくと、重なりが正しく表現できる。
・色をたくさん作るためには、パレットの使い方が非常に重要ある。広い部屋で、ぐるぐると混ぜて1色にしてしまうと、その部屋では、もう新しい色を作ることができない。上の写真のように、広い部屋にたくさんの色が出ているパレットになるように常に気を付けさせる。
・花ができたら、マーカーでまわりにあるものを描いていく。この時、「どこに咲いているのか」を考えさせると、描くものを考えやすい。「宇宙に咲いている」なら、宇宙船やロケット、UFO、宇宙人、星、などが思いつく。この時、「咲いている場所」ではなく「そこにあるもの」や「そこにいるもの」を描くようにさせる必要がある。なぜなら、場所を描くと、「宇宙」なら「黒」で背景を塗ってしまうことになり、せっかく1時間目に背景に色を付けたことを無駄にする子が出てくるからである。ここでは、あくまで花のまわりにあるものを小さく描くことを心掛けさせたい。

【スポンサーリンク】