このページでは、木彫の制作方法を解説したビデオを用意しました。1ステップ毎にビデオを見せて、実際に彫らせ、次の段階に移る時にまたビデオを見せて説明するといった使い方ができるように、全体の手順を9つのステップに細かく分けてビデオを作りました。このページでは、480×270ピクセル版を直接視聴していただけます。また、YouTubeでは、高画質(1280×720ピクセル版)がご覧いただけます。

木彫浮き彫り作品制作方法のビデオ解説2


【平刀でならす】

●ある程度彫り下げられたら、凸凹した丸刀の彫りあとを平刀でならしていきます。

5m_narasi.mp4をYouTubeで視聴→http://youtu.be/1GyFuJDNgFo

5s_narasi.mp4を視聴↓



【スポンサーリンク】

【細部の表現】

●ここまでの段階で、表現したいものの周りを彫ってきましたが、表現したいものは、手つかずです。そこで、ここでは、表現したいものを彫って、丸みを表したり、高い低いを付けたりして立体感を出しましょう。

6m_saibu.mp4をYouTubeで視聴→http://youtu.be/Yqe6OhfO-YM

6s_saibu.mp4を視聴↓




【やすりをかける】

●木肌を整えるためにやすりをかけましょう。丸刀で彫り下げた部分が一番凸凹しているので、その部分を重点的に行います。
7m_yasuri.mp4をYouTubeで視聴→http://youtu.be/R1a3IolX-IU

7s_yasuri.mp4を視聴↓






【スポンサーリンク】