想像の翼を大きく広げて、海に空に大地に未知の生き物を探し求めました。見たこともないそれでいてなんだか可愛らしい生き物達をご覧下さい。混色しながら、色に変化と、まとまりが出るように工夫して彩色しました。

中学年平面作品-色の模様で塗り分けて「未知の生物を求めて」

作品イメージ
【材料】
白マーメード4つ切り画用紙
カラーインク-黒
ポスターカラーマーカー・カラーペン

【制作手順-10時間 対象-4年生】
1.未知の生き物を考える。-鉛筆でいくつかアイディアスケッチする。
2.にじみを使って画用紙に色を付ける。
3.画用紙に下描きなしで直接カラーインクで未知の生き物を描く。
4.色と模様を工夫しながら色を塗る。
5.ポスターカラーマーカーやカラーペンを使って細かい模様や周りの様子を描く

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


水で濡らしてた用紙ににじませて色をつける。

カラーインクを使って、筆で直接輪郭を描く。

色で模様を作るように彩色する。

類似色をうまく使って塗り分ける。

色の組み合わせに注意しながら。

色の組み合わせと混色の仕方は事前にワークシートで学習

カラフルなだけでは中心となる物がかえって目立たない

カラーペンやポスカを使って周りの様子や模様を描く

白を混ぜて、赤く優しい感じで塗り分けた。

カラフルな色遣いをうまくまとめている。

黄・緑・青という仲間の色をうまく使って描いている。

人を小さく描くと生物の大きさが強調される。

補足説明

・本題材は誰も見たことのない「未知の生物」を描くものである。3クラスで授業を行ったので、クラス毎に「海の生き物」「空の生き物」「植物」の3つのテーマで行った。
・最初にアイディアスケッチを行うが、描きながら考えて行くので、スケッチに頼りすぎないようにする。
・画用紙にはにじみを利用して予め色を付けた。方法は、(1)色水のような水加減の絵の具を2.3色パレットに用意する。(2)画用紙を水道で全体的に濡らす。(3)太筆で絵の具を塗れた画用紙に置いていくようにして手早く色を乗せる。(4)色の隙間に2色目を置いていくように色を置く。
・にじみを利用した彩色の際、色は色相の近い仲間の色を使うようにさせる。
・線描はできるだけ筆を立たせ、ゆっくり描く。筆が走ると線が汚くなり、形の工夫も生まれない。
・線描は目から描かせ、口や耳といった隣のパーツに移るようにさせる。このとき、ひとつひとつのパーツに工夫を入れるようにしていく。目の回りに棘のようなものをつけたり、舌がクルクル渦巻き状になっていたり、とおもしろい形の工夫を入れながら描く。そうすることで、絵が大きくなり、画用紙からはみ出す絵ができる。この時、画用紙に収まらない場合は、全体が描けず切れてしまっても良いことを事前に伝えておくのがよい。
・輪郭から描くと、小さくなるだけでなく、部分的な工夫も単純になっておもしろみがなくなる。
・思ったように描けない場合の手だて-目を描こうとして小さくなりすぎたり、つぶれてしまって形がうまく見えない場合などの修正の仕方を伝えておくと安心して作業できる。作業の初期であれば、失敗をそのままにして、別の所に改めて描き始めて、失敗を模様やパーツにしてしまう。「うまくゴマカス方法」を伝えておくことで、失敗を活かすことができるようになる。どうしてもうまくいかない場合は「ゴマカシの天才の先生」がなんとかしてあげると伝えておく。ちょっとした声かけだが、これで、失敗を修正できず自暴自棄になる子が随分少なくなる。
・色は仲間の色や白・黒をうまく混色して、変化を付けた。事前指導にはワークシートを利用した。また、ひとつの部屋を一色で塗るのではなく、模様を作るようにしていくつかの色で塗るようにさせる。この時、同じ色は離れていても同じ時に塗っておくように指導する。この方が効率が良いのはわかっていそうなものだが、意外に子どもたちは順に塗ろうとして、何度も色を変えたりする。これでは、複雑な塗り分けができなくなるので、できれば教師が子どもたちを前に実際に塗ってみてコツをつかませたい。
・生き物が塗れたら、周りの様子を描く。生き物を「黒の輪郭→彩色」という順で描いたので、周りの人や物なども同様に描く。ネームペンで輪郭を描きカラーペンで中の色を塗るという順番である。この時、「線だけで色の塗れない物を描かないこと」と「輪郭は必ず黒で描くこと」を押さえておきたい。でないと、電波や光線といったゴチャゴチャした線で画面が汚されたり、輪郭のないぼんやりした物がたくさん描かれることになる可能性がある。
・最後にポスカを使って、点や線、小さな塗りつぶしなどで、色の上に模様を描いた。
【スポンサーリンク】