自分の名前や苗字を漢字やカタカナ、ひらがな、ローマ字などで書いてみて、線の形を工夫して名前の道をえがきました。グラデーションを使って塗っていくとカラフルな画面ができていきます。

高学年平面作品-名前の道

名前の道
作品イメージ
【用具材料】
4つ切り画用紙
黒アクリル絵の具

【制作手順-11時間 対象-5年生】
1.漢字、ローマ字、カタカナひらがな、いろいろな文字でアイディアスケッチをする(時間があれは、色鉛筆で塗り、色の簡単な計画を立てる)(2時間)
2.画用紙に下絵を描く(1時間)
3.黒のアクリル絵具で名前の線を描く(1時間)
4.グラデーションで塗る(4時間)
5.マーカー(ポスカ)で細かな模様を入れる(2時間)
6.振り返りと鑑賞(1時間)

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


1.下絵

2.黒のアクリル絵の具で線を描く

3.グラデーションで塗る

4.白や黒をまぜる明度グラデーションは落ち着いた感じ

5.赤から黄などの色相グラデーションは派手になる

6.グラデーションは向き、形にも工夫ができる

7.グラデーションの完成

8.マーカーを使って細かな絵や模様を入れる

9.グラデーションを隠さないよう小さなものを

10.細かい工夫の積み重ねが完成度を上げる

11.道の部分にも模様を入れるとよい

12.完成(教師見本作品)

13.実際の制作風景-アイデアスケッチを元に下絵

14.黒アクリル絵の具で線描き

15.線の完成

16.グラデーションで塗る

17.最初は小さな部屋から

18.バランスを見ながら使う色を考える

19.線にはみ出たグラデーションは黒アクリルで修正

20.マーカーで模様を入れる

21.小さな絵もかわいい

22.完成作品

23.完成作品

24.完成作品

25.完成作品

26.完成作品

27.完成作品

28.完成作品

29.完成作品

30.完成作品

補足説明

・日文図画工作教科書5.6年上「えっ?名前で絵」のアレンジ作品である。教科書では、グラデーションを使っていないが、ここでは、まずグラデーションのワークシート(明度グラデーションの練習、色相グラデーションの練習)を行い、その技能を使って塗る方法を取った。
・黒の道の部分は、水彩絵の具を使用して先に塗るとグラデーションの色が黒と混ざって濁る。そこで、乾くと水に溶けないアクリル絵の具の黒で道の部分を描いている。
・アクリル絵具はさくらニューカラー420mlを購入、あらかじめ水加減を調整して描きやすい状態にし、ゼリーカップに入れて配布した。
・絵具で色を塗る場合、広い部分から塗ると早く進むし、色のバランスもとりやすい。しかし、今回はグラデーションができずにたくさん塗ってしまうと、めあてが達成できないので、小さな部分から塗り、この時にグラデーションで塗れているか確認した。出来ていない子には個別指導を行う。
・明度グラデーションを使うと落ち着いた感じに、色相グラデーションを使うと派手な感じにすることができる。また、グラデーションは、向きと形を工夫することができるので、同じ色のグラデーションを隣で使っても十分塗り分けることが可能である。色数を増やし過ぎると派手になるがまとまりがなくなるので向きを工夫すると良い。また、派手になり過ぎた時、白と黒で作るグラデーションも有効である。
・グラデーションは大きな幅で塗ると作業時間が短くなるし、細い幅や形を工夫すると時間がかかる。グラデーションで塗る時間は4時間なので、残り時間を考えながら、早く進んでいる子は細かな作業に挑戦し、遅い子は大きな幅で塗るように自分で時間を調整しながら見通しを持って作業させ、極端に早い遅いの無いようにしたい。
・グラデーションで塗る場合、周りを囲んでから中を塗るといったことができないので、輪郭がでこぼこしがちである。きれいに塗れず黒の線にはみ出た場合は、グラデーションで塗り終えてから黒のアクリル絵の具で修正すればよい。
・マーカーは下の色を隠す必要から被覆力の強いポスカを使用した。完成に近づくにつれて、小さな工夫、細かな作業を行うのが作品をうまく仕上げる原則である。今回もグラデーションが見えなくなるような絵や模様を描くとそれまでの作業が無駄になるし、ごちゃごちゃして絵が見難くなる。あくまで、小さな絵や模様を丁寧に描くように指導したい。

【スポンサーリンク】