土粘土を板状に伸ばして、壁や屋根を切り出し、家を作りました。色々な形の窓を開け、模様も入れたら、個性的な家ができました。(焼かないでも素焼きの感じの出る粘土を使いました。)大きな木のある庭は、動物たちが集まる素敵な場所になりました。

中学年立体作品-住んでみたい「大きな木のある家」

作品イメージ
【材料 ひとり分-約750円】
土粘土(焼かずに乾燥だけで完成するもの)例 バジコ クレイドLをひとり1.5個
30cm×30cm×0.4cmのシナベニア
紙粘土1/4個

観賞魚用砂利、紐、木ぎれ、色砂等

【制作手順-12時間 対象-4年生】
1.練習用粘土で板作りの方法を知る。
2.土粘土を板状に伸ばして、型紙を当てて切り、壁を作る。
3.壁に窓を開ける。
4.壁同士をどべで接着して、紐状に伸ばした粘土を内側から押しつけるようにして補強を行う。
5.窓を開けて切り出した粘土と、新しい粘土を合わせて、屋根の部分を切り出し、つける。
6.庭用の板にアクリル絵の具で色を付ける。
7.庭に木を立てて、飾り付けを行う。

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


板作りの練習をする。

粘土の板から壁を切り出し、窓をあける。

基本の材料

壁の切り出し用の型紙1

壁の切り出し用の型紙2

壁の形が変わってしまわないように丁寧に。

家の完成。

アクリル絵の具で板に庭の色を付ける。

木を立て、庭に飾りつけていく。

材料は自分で選んで、楽しいに庭に。

児童作品

児童作品

補足説明

・粘土は乾燥してかたまってしまうので、途中で作業を中断することができない。手際よくできるように、事前に練習用の粘土で板作りと壁、窓の切り出しを行った。
・家の大きさによって必要な粘土が違ってくる。また、粘土の板の厚みを考えながら大きさを決める必要があるので、少し難しくなる。そこで、4種類の家の形を考え、型紙を用意した。
・形が4種類と限られるので、窓の開け方や壁や屋根につける飾りの粘土、粘土ベラで入れる模様などで工夫している。
・粘土はドベで接着するだけだと、壊れやすいので、ドベで付けた後、接着面を指でこすったり、補強の粘土を入れたりしている。
・粘土の作業は、2時間で窓を開けた壁を組み立てるまで、あと2時間で屋根と粘土の飾りをつけるという時間配分で行った。
・屋根は、自らの重みで真ん中あたりが凹んでくるので、新聞紙をつめてから、その新聞紙の上に載せるようなつもりで作業した。
・板に色を塗る方法木を立てる方法は別ページを参照のこと。
・庭の飾りつけは、いろいろな材料を用意しておき、子どもたちが自由に選べるようにした。
【スポンサーリンク】