紙帯を枠の中に収める「ペーパーアートボックス」の別バージョンです。ペーパーアートを収めたボックスを三角に組み上げて、ピラミッド型にしました。

集合作品-ペーパーアートピラミッド

ペーパーアートピラミッド
作品イメージ
【材料】
・紙帯A(マーメード紙)  53cm×9cm 正方形箱用-1枚/1人
・紙帯B(マーメード紙)  27cm×3cm 模様飾り付け用-紙帯Aと同系色3色を各色3枚/1人
・作品枠    一辺45cmの枠-幅15cm(16人用)を人数分(ダンボールで制作)
ピラミッド土台部分 2辺が45cmの直角二等辺三角形-幅15cm、必要数
四隅を補強するためのスチロール(10cm×10cm×1cmを斜め半分にしたもの)

・補助枠 白ボール紙

【児童制作手順-2時間】
1.紙帯A(長さ53cm)を端から10cm計り、そこをのりしろとして折る。
2.のりしろを折り曲げたまま、2つ折りを2度繰り返すと1辺10.75cmの正方形の箱ができる。
3.一旦箱を開いて、紙帯Bを切ったり折ったりして、紙帯Aに貼り付けていく。
4.のりしろと折り線の真上には何も貼り付けないようにする。-折り線をまたいで貼っても良い。
5.飾り終えたら、のりしろにのりをつけて箱の形にする。
6.枠の中に入れて展示する。

【参考】
マイクロソフトパワーポイント形式「児童説明用-全校作品の作り方
PDF形式「児童説明用-全校作品の作り方
教職員提示用作品説明プリント(概要、作り方、展示方法等)


【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


1.作品枠-長さ90cm幅15cmのダンボール

2.切り口にガムテープを貼る

3.ダンボールを半分45cmに折り、それを2つ組み合わせて箱にする

4.箱が歪まないように、木枠に入れ四隅に補強版を接着

5.土台部分は同じダンボール1つで

6.両側に45cmの直角2等辺三角形を接着する


7.材料、左が紙帯A右が紙帯B


8.はしから10cm計り、のりしろとする

9.のりしろを折ったあと、残りを半分、さらに半分に折り、箱にする

10.一旦開いて、紙帯Bで飾っていく

11.切り方、折り方を工夫して

12.横から見て面白い形にする

13.完成作品

14.白ボール紙で補助枠を用意する。

15.ダンボール枠に補助枠を入れ、作品を収める

16.完成作品

17.完成作品

18.完成作品

補足説明

・児童が作る作品は、1年でも6年でも2時間扱いで制作できる。
・児童ひとりが作る箱の大きさは、紙帯A(各自の箱をつくる紙)の長さが53cmなので、そこから10cmののりしろを取ると、43cmになる。この43cmで4辺をつくるので、1辺は半端な数だが10.75cmとなる。10cmののりしろとしたのは、区切りがよくて子どもが測りやすいからである。そして、外枠をダンボール全判(3×6判=180cm×90cm)から切って用意した時に、最も無駄がなく、楽に作業できる大きさとするために、児童各自の箱の大きさを1辺10.75cmと決めている。
・10.75cmの箱4つを横に並べると43cmになるので、45cmの外枠からすると2cmの余裕をみていることになる。ダンボールの厚みもあるので、あまりにピッタリした大きさで外枠を作ると入らなくなるので、注意が必要。
・紙帯の色は学年によって変えてみた。
・外枠の切り口に白のガムテープを貼ったが、これはピラミッド型に組んだ時、白の方が作品を引き立てると考えたからである。
・ピラミッド型に組むには上から1枠、2段目は2枠、3段目は3枠というようになるので、ピラミッドを構成する枠の数は、1枠、3枠、6枠、10枠、15枠・・・となる。これを組み合わせて全校生が入るピラミッドの大きさを決定する。今回は、10枠のピラミッドを2つと15枠のピラミッドを1つ作った。このピラミッドだけでは、全校生分を収めることができなかったので、9人が入る小型の枠を作り、ピラミッドの近くに吊るして展示した。
・児童作品を枠に入れる際、そのまま入れると紙の重みで、下の作品が歪み、きれいに収まらない。そこで、白ボール紙を田形に組み、補助枠とした。
・枠同士は大型の事務用クリップではさんで留め、倒れないように何か所かを上からテグスでひっぱって支えた。
・全校で制作に取り組む際、各担任が指導する時に児童に提示したものを上記【参考】に掲載したので、活用されたい。


【スポンサーリンク】