紙帯で作るペーパーアートボックス、紙帯が前後に重なり合って複雑な模様を生み出します。単独でも楽しい短時間教材ですが、枠に入れて展示すると、すてきな集合作品になります。1年から6年まで負担無く取り組める題材です。作品の制作は時間は、1年生でも6年生でも2時間あれば大丈夫。(同一作品の別バージョン有-ペーパーアートピラミッド

ペーパーアートボックス

作品イメージ
【材料】
・紙帯A(厚紙)  54cm×9cm 正方形箱用-1枚/1人
・紙帯B     27cm×3cm 模様飾り付け用-紙帯Aと同系色3色を各色3枚/1人
・作品枠    一辺60cmの枠(25人用)
60cm×9cmのスチレンボードの板で制作、四隅を補強

【制作手順】
1.紙帯Aののりしろを折る。
2.のりしろを折り曲げたまま、2つ折りを2度繰り返すと正方形の箱ができる。
3.一旦箱を開いて、紙帯Bを切ったり折ったりして、紙帯Aに貼り付けていく。
4.のりしろと折り線の真上には何も貼り付けないようにする。-折り線をまたいで貼っても良い。
5.飾り終えたら、のりしろにのりをつけて箱の形にする。
6.枠の中に入れて展示する。
【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


紙帯A(下)と紙帯B(上)

紙帯Aを4つ切り画用紙から切る場合

紙帯Bを4つ切り画用紙から切る場合   
  

紙帯Aののりしろと折り方

一度ひらいて、紙帯Bを貼り付けていきます。

紙帯は、切ったり折ったり丸めたりいろいろと工夫しましょう。

形や高さに変化を出すとおもしろい作品になります

箱にしてみると横からの線の模様がおもしろい

みんなの作品が集まって。

作品枠はスチレンボードで作りました。

コーナーが弱いので黒くぬった厚紙で補強しました。

厚紙の上下を釣り糸で結んで縦方向の補強にしました。
 

補足説明

・紙帯Aは、210kの厚めのマーメイド紙を使用。紙帯Bは、115kか135k程度で十分。紙帯Bの色数は豊富だが、210kの色数はかなり限られてしまうので要注意。また、210kは、1枚200円前後と高価。この作品の材料費(マーメード紙)代は、1人100円程度になる。
・ 枠にはスチレンボード(商品名ニューカラーボード)の3×6判(90×180×0.5cm)を9×60cmに切って使った。 スチレンボードの厚みが5mmなので、枠の内部は59.5cmになる。紙帯Aからできる正方形の1辺は、のりしろの8cmを引いて(54.4-8)÷4=11.6cmとなる。これを縦横5つならべるので、11.6×5=58cm。枠の内部との差は、1.5cmで、これが紙の厚みやゆがみなどを考慮した余裕部分となる。

【スポンサーリンク】