三角形の頂点を合わせるように積み上げて行き描いた城は、傾いたりねじれたり。でもとても生き生きとした楽しい形の城になります。絵具で直接描いた「三角の城」をローラーステンシル版画とパステルを使って描く「三角の城 Ver2 」です。

中学年平面作品-三角の城

三角の城
作品イメージ
【用具材料】
絵の具
4つ切りマーメード画用紙(白) 8つ切りマーメード画用紙(灰)
ローラー 練版 霧吹き
パステル フィキサチーフ
カーボン紙 8つ切り大上質紙
スパンコール

【制作手順-13時間 対象-4年生】
1.白を混ぜた明るい色でローラー転がしをし、シールを貼る(2時間)
2.2色目を塗り、シールを貼る(2時間)
3.3色目を塗り、シールをはがす(2時間)
4.城を鉛筆で描き、カーボン紙で転写する(2時間)
5.ネームペンでなぞり、パステルで彩色する(2時間)
6.定着液をかけ、城を切り取り、ローラー転がしをした画用紙に貼る(1時間)
7.周りの様子を表現し、最後にスパンコールで飾る(2時間)

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


1.明るい色(白を加えた色)でローラー転がしをする

2.1色目の色の上にシールを貼る

3.2色目のローラー転がしをする

4.2色目の色の上にシールを貼る

5.シールがはがれないように、絵具が固い場合は水を加える

6.3色目の色は暗めの色を使う。黒を混ぜてもよい

7.シールをはがす

8.シールをはがし終えたところ

9.三角を重ねて塔と描く

10.一部を消してベランダを描きくわえたり屋根をつけたりする

11.城ができたら、カーボン紙を使ってマーメード紙に写す

12.カーボンの線をネームペンでなぞる

13.パステルで彩色する

14.隣は同じ色を使わず似た色で塗る

15.フィキサチーフで定着させる

16.はさみで丁寧に切り取る

17.ボンドを裏に付けて

18.逆さにして二人がかりで貼る

19.周りを別の紙に描いて貼る

20.背景に直接書き込んだ場合、ぼんやりするので、後からなぞる

21.スパンコールを貼る

20.完成作品

21.完成作品

22.完成作品

補足説明

・三角形を積み上げていくことで、おもしろい城の形を描ける題材の「三角の城」の別バージョンである。三角を積み上げる工程を試行錯誤できるように、上質紙に鉛筆で描き、できた塔を一部消してベランダや門、屋根などを描くようにした。これをカーボンで転写することで、城の形で失敗することは少なくなる。
・ローラーステンシル版画を背景に使った。城をあとで貼ることを理解させ、全体ではなく周り(上部)にシールを貼る。
・ローラーを転がすときにシールをはがさないように、練版の上の絵の具の水加減は注意する必要がある。ローラーを練版から持ち上げたとき練版がローラーにくっついて持ち上がるようだと、水を霧吹きで加える。
・三角形の積み上げ方は次の通り。
(ア)画用紙の一番下に、上向きの三角を描く。
(イ)描いた三角の上に頂点が接するように2つめの三角を描く
(ウ)2つめの三角には残り2つの頂点があるが、そのうちのどちらかの頂点に接するように、3つめの三角を描く。同様に3角形を重ねていき、紙の上部に近づくまで続ける。(この時、三角形が規則正しく並ばないように、傾きや大きさを変えるようにする。はじめに大きな三角形を描き、上に行くほど少しずつ積み上げる三角形を小さくしていくと描き易い。)
(エ)2つの三角の別の頂点を直線で結ぶと、新たな三角形ができる。このような場所を見つけて結んで三角形を描いていく。
(オ)一本のねじれた木のようになったら、結ばれていない頂点から三角形を足していくように、塔の部分を枝分かれさしたり、城を太くしたりする。
・三角形が小さくなると形におもしろさがなくなるので、三角定規をもたせ、三角定規とほぼ同じ大きさに最初の三角形を描かせると大きさを具体的にイメージしやすい。
・パステルで色を塗る際、色のついたマーメード紙を使い、しっかりと色を乗せるようにさせる。似た色を使い半分ずつ塗った後で境目をこするようにするときれいな混色ができる。ただし、こするのは最後にし、こすりすぎないようにさせる。こするとどうしても輪郭線があいまいになり、ぼんやりした印象になる。
・城をはさみで切る時は、輪郭線ぎりぎり外側を切るようにさせると、一番外の輪郭線が切ったあとも残って形がはっきりする。
・城を背景の紙に貼るのが意外に難しい。枝分かれした絵なので、ひっくり返す時に、別の部分と貼りついたり、違う位置に落ちたりする。そこで、城と背景をそれそれ逆さに持ち二人がかりで貼ると失敗しない。
・城を貼り終えたら、周りの様子を考えて描かせる。この際、「どんな城か?」を考えるとイメージしやすい。「気味の悪い城-お化けや悪魔、コウモリ」「動物の城-熊、うさぎ」「海の中の城‐魚、潜水艦」「宇宙の城‐宇宙人、星」といった具合である。
・周りの様子は、城の外側の紙にネームペンで輪郭を描き、パステルで塗ったものを切り抜いて貼る。ローラー転がしをした背景に直接えがいても良い。後者はどうしても輪郭がぼんやりするので、あとからもう一度輪郭をネームペンでなぞるとよい。
・ローラーとスパンコールは相性がよく、少し貼るだけで画面が明かるくなる。

【スポンサーリンク】