形を工夫しながら発泡スチロールを切り取り、それを積み重ねてタワーをつくりました。一旦バラバラになったスチロールがタワーへと組み上がり、未来の建築物のようになりました。

高学年立体作品-スチロールを自由に切って「スチロールタワー」

作品イメージ
【材料 ひとり分-費用約400円】
発泡スチロール版30cm×30cm×3cm  2枚
アクリル絵の具
スチロールボンド(班で1~2本)
(スチロール球数個 針金入り紙紐 紙粘土等)

【制作手順-10時間 対象-5年生】
1.スチロールの両面に色を塗る。(必ず白を混ぜる)
2.スチロールカッターをぐねぐね動かしながら、複雑な形になるように切る。
3.バラバラになったスチロールをボンドで接着しながら塔にする。
4.針金入り紙紐やスチロール球、紙粘土などで飾る。

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


材料。スチロール板とスチロールボンド以外は、違う材料でも可。

好きな色に白を混ぜ、ローラーで着色する。

スチロールカッター盤で作業している所

ハンディタイプのスチロールカッターで作業している所

バラバラに切られたスチロール。

安定感や美しさ、おもしろさなどを考えて積み上げていく。

ここから先どうしょう・・・

スチロールは積み上げるだけでなく、立てて接着しても良い。

随分背が高くなって来た。

色粘土やスチロール球などを使って飾り付ける。

完成作品

完成作品

補足説明

・材料の発泡スチロール板は、上記の寸法のものを注文すると割高になるので、180cm×90cmのものを必要枚数購入して、教師が卓上スチロールカッター盤で切断した。切断も3枚程度なら束ねて一度に切れるのので、時間もそれほどかからない。
・スチロールカッターは、決まった形を切ろうするよりも、自由に動かして偶然できた形の方がおもしろい。なので、下書きはせずに自由に切らせる。
・複雑な切り口に着色することは不可能なので、切り口は必ず白になる。そこで、その切り口とバランスを取る意味で、着色する際、必ず白をまぜた。別の指導法として、全く色を塗らない方法も考えられる。
・スチロールの接着にはスチロールボンドを利用した。接着面に薄く塗って、数分置くことで、接着と同時に固定できる。木工ボンドだと乾くのに時間がかかるので、固定しにくく、積み上げにくい。

【スポンサーリンク】