真ん中に大きな栗を配置して、まわりにはイガ栗をちりばめました。イガ栗は、開き具合を変えて、中から栗を出すこともできます。色画用紙では表現できそうにない複雑なイガも、カッターナイフで山形の切り込みを入れるだけで、そう見えてくるから不思議です。

10月の掲示物-栗

作品イメージ
【用具材料】
台紙-薄水色画用紙(全紙2枚)
大きな栗-マーメード紙 やまぶき、うすだいだい
栗(いが)-黄緑(8つ切り)黄、緑(16つ切り)
いがぐりの型紙

【制作手順】
1.型紙に合わせて部品を切る。
2.折り線や切り込みを入れ、ドーム状にいがを組み立てる。
3.栗に切り込みを入れ、貼り合わせて立体的にする。
4.大きな栗を作る。
5.台紙に栗を貼る

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説

栗
用紙
栗
型紙に合わせて切る
栗
折り線を入れる
  
栗 カッターナイフで、V字の切込みを入れる
栗
切り終わったところ
栗
いがは一組を反転させる
栗
切り込みを立てる
栗
ドーム型に貼る
栗
反転したものとペアで
栗
いがは、重ね方で開き具合を変える
栗
いがを開いて接着したところ
栗
栗は下の黄土の紙を貼って
栗
切り込みを入れる
栗
切り込みがかさなるように接着する
栗
栗の完成
栗
いがと栗
栗
台紙と大きな栗の材料-マーメード紙
栗
うすだいだいの神を中央がへこんだ形に切る
栗
うすだいだいの紙をやまぶきの紙に貼ったところ
栗
半分に折って、栗の形に切る
栗
小さな栗と同様に立体的にして、紙の縁に接着剤を付け、台紙に貼る
栗
目や口を付ける
栗
周りにいがぐりを貼る
栗
栗は単独ではってもおもしろい

補足説明

・切り込みを入れ、一部を重ね合わすことで、立体的になる。この方法を使って、栗を作成した。中央の大きな栗は、大きさの関係で、マーメード紙を使った。
・いがの部分は二つに分け、重ね合わし方や開き具合を加減できるようにした。
型紙はいがと小さな栗のみ、大きな栗はない。
・型紙を使うと、いがひとつに二つの栗ができるが、栗は少し多めに作って、いがの外に配置してもよい。
・面同士を接着するには、木工ボンドやのりなどでよいが、台紙に線接着する場合は強力なものがよい。

【スポンサーリンク】