やっこ凧の周りに、独楽を配置した正月らしい掲示物です。凧には図工室に残っていた竹ひごを使ってみました。

1月の掲示物-凧と独楽

作品イメージ
【用具材料】
台紙-薄緑画用紙(全紙2枚)
凧-緑マーメード紙(4つ切り1枚)橙マーメード紙(8つ切り3枚)
うす橙マーメード紙(8つ切り1枚)
      赤、水色、黒、白マーメード紙少量
独楽-うす橙色画用紙、他
凧型紙 独楽型紙

【制作手順】
1.マーメード紙を組み合わせて凧の体部分を作る
2.型紙に合わせて凧の顏部分を作る
3.凧に竹ひごを付ける
4.型紙に合わせてこまを作る
5.台紙に貼る

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


ひし形になるように重ねる

最初に作ったものに重ねたところ

下のT字の紙より1cmぐらい大きく折る

折り返した部分に接着剤をつける

浮かすように貼りつけ

鉛筆の先は型紙に沿って切る

顏の部分

鼻を除いて貼りつける

顔を丸く浮かせる

鼻を付け、胴体に取り付けたところ

幅広の両面テープで、竹ひごを留める部品を作る

半分に折って竹ひごを包むように

凧の完成

型紙に沿って独楽の部品を作る

もよう部分を完成させて、本体に巻きつけるように貼る

心棒は裏側から

独楽の完成

横から見たところ

補足説明

・凧は大きいので、マーメード紙を使って作った。
・たけひごは折れたり、外れたりしやすいので、台紙に取り付けてから、木工ボンドで台紙に固定するとよい。
・こまのもようや凧の顔のように、細かな部品が曲面の上に配置されているようなものは、貼りつけてから曲面にする。

【スポンサーリンク】