子どもの発想をうまく引き出したり、感性を十分発揮させたりするのは、簡単ではありません。しかし、迷いや困難さを抱えていながらでも、教師が楽しめる魅力が図工にはあります。折角ですので、子ども達だけではなく、教師も図工を楽しんでみてはいかがでしょうか。 そのためのお手伝いとして本書では、図工を指導する上で役立つ情報をコツという形でまとめています。教科のとらえ方から廃物利用の話題まで、内容は様々ですが、実際の授業にお役立て頂ける情報を厳選しました。

絵心がない先生のための図工指導のコツ50

図工人の管理人が明治図書より単行本を出版しました。「絵心がない先生のための図工指導の教科書」に続く2冊目の本になります。今回の書籍では、図工を指導する上で役立つ情報をコツという形でまとめています。その際に、子どもの活動の様子や発達段階による違いなどを詳しく取り上げることで、より具体的で実践的な内容になるよう心掛けました。明治図書のサイトで本の内容の一部をご覧いただけます。立ち読みページへ(明治図書へ飛びます)
絵心がない先生のための図工指導のコツ50
絵心がない先生のための図工指導のコツ50(←amazon.co.jpの商品ページに飛びます)
明治図書Onlineの本書のページ(←明治図書の商品ページに飛びます)
著者インタビューページ
立ち読みページへ(本書の一部をお読みいただけます)

  • 単行本: 152ページ
  • 出版社: 明治図書出版
  • 定価:2000円+税
  • 寸法: 21 x 14.8 x 2.5 cm

本書の内容

はじめに
【1章】絵心がなくても大丈夫! 楽しい図工授業のコツ
1 絵心がなくてもいい本当の理由
2 図工で養う資質・能力を知ろう
【2章】苦手分野も克服! まずは押さえたい図工授業のコツ
1 造形遊びの指導
2 絵や立体,工作に表す指導
3 鑑賞の指導
【3章】使い方だって上手に教える! 用具指導のコツ
1 紙粘土・軽量粘土
2 ローラー・練り板
3 金づち
4 釘抜き
5 ペンチ・針金
6 きり・ドリル
7 のこぎり・万力・クランプ
【4章】押さえどころがわかれば安心! 発達段階を考えた授業のコツ
1 低学年の指導
2 中学年の指導
3 高学年の指導
【5章】指導が得意な教科に変える! レベルアップのコツ
1 題材設定のコツ
2 学習指導のコツ
3 材料・用具管理のコツ
【5章】コツがひとめでわかる資料集
図工の用具