このページでは、木彫の制作方法を解説したビデオを用意しました。1ステップ毎にビデオを見せて、実際に彫らせ、次の段階に移る時にまたビデオを見せて説明するといった使い方ができるように、全体の手順を9つのステップに細かく分けてビデオを作りました。このページでは、480×270ピクセル版を直接視聴していただけます。また、YouTubeでは、高画質(1280×720ピクセル版)がご覧いただけます。

木彫浮き彫り作品制作方法のビデオ解説1

【下絵を描き転写する】
●カーボン紙を使って板に転写する映像です。
1m_sitae.mp4をYouTubeで視聴→http://youtu.be/oXIKB_etHPI

1s_sitae.mp4を視聴↓


【スポンサーリンク】

【三角刀で線彫りをする】

●線の上を三角刀で線彫りをします。これは、小さな溝を付けて、次の印刀を使いやすくする意味があります。
2m_sankaku.mp4をYouTubeで視聴→http://youtu.be/TymxiCXA59I

2s_sankaku.mp4を視聴↓



【印刀で仕切りを入れる】

●彫る部分と彫らない部分を分けるための仕切りを入れます。彫刻刀の持ち方がこの刀だけ異なりますので、気を付けましょう。
3m_sikiri.mp4をYouTubeで視聴→http://youtu.be/MBSseNqRPfo

3s_sikiri.mp4を視聴↓



【丸刀で彫り下げる】

●仕切りの部分に向かって、突くように彫ると、ポロリと取れるように彫れて、仕切りを境に低い部分とそうでない部分ができます。

4m_forisage.mp4をYouTubeで視聴→http://youtu.be/vbjiRuimA4o

4s_forisage.mp4を視聴↓





【スポンサーリンク】