角材をいろいろな形に切ってそれを立体的に組み上げていきます。板と違って厚みがありますが、電動糸鋸で複雑な形に切ることが可能です。また、接着の仕方によっては、直線的だった角材がやさしいカーブを描くこともできます。一度バラバラにして、再度組み上げてていくことで形の面白さに気付ける題材です。

高学年立体作品-木片を集めて

まわれまわれ
作品イメージ


【用具材料-材料費450円程度】
SPF材 19mm×38mm×900mm 1本(3等分して使用)

シナベニア 300mm×225mm×4mm 1枚
丸棒 5mm×900mm (ひとり1/2~1本)
アクリル絵の具
電動糸鋸 電動ドリル 紙やすり ドレッサー

【制作手順-8時間 対象-6年生】
1.SPF材を小さな木片に分ける(2時間)
2.色を塗ったり木片に切ったりする(2時間)
3.シナベニアを好きな形に切って台にして、その上に木片をくみ上げていく(4時間)

【めあて】
木片の形を工夫したり、木片を組み合わせてできる形の面白さを感じたりしながら、立体的な造形を作り出していく

【評価】
木片の形や色、模様などを工夫することができたか。
木片の組み合わせ方を工夫して自分なりの立体的な形を作り出すことができたか。

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説

〇〇01
1.木材を電動のこぎりで切る
〇〇02
2.木片の形を工夫する
〇〇03
3.やすりがけ
〇〇04
4.アクリル絵の具で色を塗ってもよい
〇〇05
5.電動ドリルで穴をあけ
〇〇06
6.丸棒を通して組むことができる
〇〇07
7.木片同士を接着して組こともできる
〇〇08
8.シナベニアで台を作り
〇〇09
9.その上に木片をまとめていく
〇〇10
10.木片の向きを工夫することでアーチのような形も可能
〇〇11
11.全ての木片に色を塗っても
〇〇12
12.全く塗らなくてもOK
〇〇13
13.完成作品A
〇〇14
14.完成作品A
〇〇15
15.完成作品A
〇〇16
16.完成作品B
〇〇17
17.完成作品B
〇〇18
18.完成作品B
〇〇19
19.完成作品C
〇〇20
20.完成作品C
〇〇21
21.完成作品C
〇〇22
22.完成作品D
〇〇23
23.完成作品D
〇〇24
24.完成作品D
〇〇25
25.完成作品D
〇〇26
26.完成作品D
〇〇27
27.完成作品D

補足説明

・SPF材はホームセンターなどで手に入る安価な角材である。長さは、900mmか1200mm、1800mmが一般的なので、子ども達が電動糸鋸で扱いやすいように、300mm程度にあらかじめカットしておくか、最初にのこぎりで切る時間を設ける必要がある。
・電動糸鋸の台数の関係でどうしても待ち時間ができるので、その時間を利用して色をぬったり、やすりをかけたりするとよい。とはいえ、全く色を塗らないのもOKとした。
・SPF材は厚みがあるが比較的柔らかいので、ゆっくり切りさえすれば複雑な形に切ることが可能である。
・木片を組み上げていく方法は、(1)ボンドで接着する(2)電動ドリルで穴を開けて丸棒でつなぐ(3)べニア板に切り込みを入れてつなぎその板に木片を接着するなどの方法が考えられる。
・今回は木片をある程度切ってから台になるシナベニアを配布したが、最初に台の形と色を考え、台を作ってから木片にかかった方が作り易かったかもしれない。


【スポンサーリンク】