少しずつ別の色を混ぜ込んで、色を連続的に変化させて塗る題材です。コンパスや定規などを使って画用紙をいくつかの部屋に分けたら、色の変化に気を配りながら塗っていきます。

高学年平面作品-連続した色の変化で

連続した色の変化で
作品イメージ
【用具材料】
絵の具 8つ切り画用紙
コンパス、定規、アイス棒
【制作手順-4時間 対象-5年生】
1.コンパスや定規などを使い画用紙を線で区切り複数の部屋に分ける。(0.5時間)
2.連続した色ができる色混ぜの方法を知る(0.5時間)
3.色の変化させながら絵の具で彩色する(2時間)
4.全体を考えながら単色で塗ったり模様を描いたりして完成させる(1時間)
【導入】
ひとつの色に少しずつ別の色を加えていくと色を連続して変化させることができます。このことを使って画用紙に作った部屋を色の変化に気を配りながら塗ってみましょう。
【めあて】
塗る形や向き、色の組み合わせを工夫して、色を少しずつ変えながら絵の具で彩色する。
【評価】
色の変化に気を配りながら混色し、連続して色を変化させながら絵の具で彩色することができたか。
【スポンサーリンク】

制作過程写真解説

連続した色の変化で01
1.コンパスや定規、フリーハンドなどで画用紙に部屋を作る
連続した色の変化で02
2.直線だけで区切っても構わない
連続した色の変化で03
3.同じ幅の曲線を描くには2本の鉛筆の間にアイス棒などをはさむと便利
連続した色の変化で04
4.絵の具を小部屋に出さず直接広い部屋で混色する方がやり易い
連続した色の変化で05
5.部屋の形に沿って塗る方法もいい
連続した色の変化で06
6.白や黒を加えると落ち着いた感じに
連続した色の変化で07
7.黄色と青のように色と色を混ぜていくとにぎやかな感じになる
連続した色の変化で08
8.時間に余裕がある子は細かく色を変化させると良い。
連続した色の変化で09
9.色が区切られる部分の形も工夫するとおもしろい
連続した色の変化で10
10.残り時間を考えながら画用紙全体の塗り方を工夫する
連続した色の変化で11
11.塗るだけではなく、線や
連続した色の変化で12
12.点で表現してもよい
連続した色の変化で13
13.一度塗った上に塗っても面白い
連続した色の変化で14
14.単色での塗りもOK
連続した色の変化で15
15.バランスを考えながら仕上げていく
連続した色の変化で16
16.完成作品
連続した色の変化で17
17.完成作品
連続した色の変化で18
18.完成作品
連続した色の変化で19
19.完成作品
連続した色の変化で20
20.完成作品
連続した色の変化で21
21.完成作品
連続した色の変化で22
22.完成作品
連続した色の変化で23
23.完成作品
連続した色の変化で24
24.完成作品

補足説明

・グラデーションで塗っていく題材である。混色をする際、グルグルと混ぜて1色にしてしまうような混ぜ方ではなく、少しずつ色を出会わすような混ぜ方で、微妙に違う色を作れるようになっていると自然な流れでこの題材に取り組める。
・グラデーションという言葉は使わなくても使ってもどちらでも良い。技能が中心になる題材であるが、グラデーションの完成度を求めるというよりも、色の変化に気を配り、ひとつの部屋の中を単色ではなく、色を少しずつ変えることで生まれる表現の面白さを味わわせたい。
・グラデーションになるように色を作るには、いくつかのコツがある。ひとつは、小部屋を使わず広い部屋にいきなり絵の具を出すことである。2つ目は、その際の絵の具の量に気を配ることである。多すぎると混ぜても色が変わらないし、少ないとすぐに色が変わってしまう。指の爪ぐらいのおおきさにプックリとちいさな山ができるように出すのがよい。3つ目は、別の色を足したら新しい絵の具の色を作るつもりで、完全に混ぜてしまうことである。こうして色を確定していると、次に足した時、今より足した色寄りに変化する。もし、不完全に混ぜられていると、そこに元の色が混じったりしてうまく変化しないことがある。
・グラデーションは向きや形を感じることができるので、区切る形を考えたり、塗る方向を考えたりしながら塗っていく。
・早く塗れて時間が余りそうな子はグラデーションの間隔を狭くすることで、足りなさそうな子は広くすることである程度の時間調整が可能である。
・何も塗っていない白い部分が残ってもいいが、この部分については何も工夫がない部分であるので多すぎない方が良い。時間が残っているなら、線や点、単色や模様などで工夫するように考えさせたい。もちろんすべてグラデーションで塗ってしまっても問題ない。

【スポンサーリンク】