立体

高学年立体作品-ダンボールから生まれた不思議な形

この題材では、板ダンボールとウエーブシートを使って、自分なりの不思議な形を作ってみました。
立体

中学年立体作品-カッターナイフで窓を開ける「大きな木の下で」

4枚の紙の中央を中綴じホッチキスで閉じて開くと八方向、放射状に広がります。この紙を木の形にして開いてみたら・・・
立体

中学年立体作品-マーメイド紙で作る「夢のお城へようこそ」

カッターナイフで切り込みを入れて窓を開けたマーメード紙を折って立てると塔のようになります。周りに紙帯でかざった塀をつけることでお城らしくなります。
立体

中学年立体作品-厚紙をカッターで切って「窓を開ければ」

白ボール紙にカッターナイフで小さな窓をたくさん開けました。屋根や壁の白さに対して、窓の中の暗さのコントラストがおもしろい作品です。
立体

中学年立体作品-ウエーブシートと板ダンボールで作る「ダンボールタワー」

ウエーブシート(片面巻ダンボール)を切って、それを巻いていくとタワーのように見えます。材料に、白、黒、茶のダンボールを使うことで、華やかな作品になりました。
立体

中学年立体作品-ダンボールで作る大きなお面「鉄仮面伝説」

段ボールカッターで、ダンボールを切って、重ねて、貼り付けて。ついでにマカロニや洗濯バサミも・・スプレーで色をつけたら、個性的で金属的な面が出来上がります
立体

中学年立体作品-紙に窓を開けて「未来都市」

紙の帯にカッターナイフやはさみで切り込みを入れ、紙をねじると・・・。その形は想像力をかきたてて、未来の街の風景が見えてきました。
立体

中学年立体作品-針金入り紙紐を使った「くねくねランドへようこそ」

紙紐なのに形が変わったまま固定できる。そんなおもしろい性質の針金入り紙紐を使って、くねくねランドを作ってみました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました