色画用紙で作る簡単でかわいい6月の壁面掲示物「時計」

6月の壁面掲示時計季節

6月10日は時の記念日です。そこで、6月は時計を掲示物にしてみました。振り子時計のまわりにローマ数字を配置して、その外側に砂時計を配置しています。

材料と制作手順

【用具材料 全紙1枚の掲示板用】
○振り子時計
黒色画用紙(少量)(文字、針)
こげ茶色画用紙(少量)(振り子)
黄土色画用紙(8つ切り)1枚(時計ベース)
茶色画用紙(8つ切り)1枚(屋根)
黄色画用紙(8つ切り)1枚(文字盤、振り子)
○砂時計(8個分)
茶色画用紙(4つ切り)1枚(枠)
水色画用紙(4つ切り)1枚(ガラス)
○背景
黄色画用紙(全紙)1枚(背景)
うす桃色画用紙(4つ切り)1枚(ローマ数字)
○型紙
振り子時計(3ページ)
砂時計

制作過程

6月の壁面掲示時計

時計のパーツを切る

6月の壁面掲示時計

折り目を付けて

6月の壁面掲示時計

屋根を箱型に折る

6月の壁面掲示時計

時計の針と文字盤

6月の壁面掲示時計

時計のベースを折り

6月の壁面掲示時計

折った部分をのりしろにして屋根を付ける

6月の壁面掲示時計

時計部分の完成

6月の壁面掲示時計

台紙にローマ数字を円形に配置

6月の壁面掲示時計

中心に時計を貼る

6月の壁面掲示時計

砂時計のパーツ

6月の壁面掲示時計

立体的になるように折って貼る

6月の壁面掲示時計

砂時計の完成

6月の壁面掲示時計

台紙に砂時計を貼る

6月の壁面掲示時計

斜めから見たところ

6月の壁面掲示時計

斜めから見たところ

補足

・振り子時計のまわりにローマ数字と砂時計を配置した掲示物である。時計のまわりに文字盤のようにローマ数字を配置したが、黒板用の大型コンパスなどであらかじめ目じるしを描いておかないと難しい。そこで、数字はバラバラに散らばるような貼り方でも構わない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました