寒さの厳しい時期に大きくしっかりとした花を咲かせる椿。そんな椿を2月の掲示物に取り上げてみました。折って立てた紙が下から支えるようになることで、花の立体感を出しました。

2月の掲示物-椿

2月の掲示物-椿
作品イメージ
【用具材料 全紙1枚の掲示板用
○椿(1輪につき)
臙脂、赤、白、ピンク色画用紙(32切り)1枚(花)
茶色画用紙(4つ切り)1枚(枝)
緑色画用紙(32切り)1枚(花)
黄色色画用紙(少量)(おしべ)
○雲
白色画用紙(4つ切り)1枚(雲)
○背景
灰色画用紙(全紙)1枚(背景)
○型紙
型紙(椿大.小)
【スポンサーリンク】

制作過程写真解説

椿
1.切り込みの所から斜めに折り線を入れる(黄線の部分)
椿
2.谷折りにして立てる
椿
3.立てた部分が下に潜り込むように切り込みに差し込む
椿
4.下の切り込みも立てた部分が下に潜り込むように
椿
5.2枚が重なったところ
椿
6.3枚目も切り込みに差し込むように
椿
7.反対側も切り込みに差し込んで椿の形になる
椿
8.一旦はずして今度は中央に接着剤をつけて組み立てる
椿
9.裏側からみたところ
椿
10.おしべは鉛筆に巻き付けて
椿
11.最後を接着剤で留める
椿
12.おしべが巻けた
椿
13.切り込みを少し外に広げて
椿
14.花の真ん中に貼る
椿
15.白い紙を適当に切って台紙に貼る
椿
16.茶色の紙を細く少し曲線にして切る
椿
17.それをつないで枝にする
椿
18.枝に葉や花を付ける
椿
19.別の枝には違う色の花を付ける
椿
20.斜め横から見たところ
椿
21.斜め横から見たところ

補足説明

・ひょうたん形の紙を3枚組み合わせて椿の花を作るが、紙を折って立てた方が、別の花びらの下に潜りむように切り込みを差し込んで組み合わせていく。慣れるまで戸惑うので、接着剤を付けずに組み合わせてみて、それを一度ばらしてから、再度接着剤を付けて組み合わせるようにした。もちろん、慣れれば、仮組は必要ない。
・枝は少し曲線気味に四つ切り画用紙をカッターナイフで切って、それを組み合わせて作った。雲も同じく型紙はない。

【スポンサーリンク】