針金に切り込みを入れた紙帯を通し、できた形に他の紙帯や色紙で飾り曲線を主体とした個人の作品を作ります。この個人作品をつないで吊るして展示することで全校作品にしてみました。

集合作品-曲線をあつめて

曲線をあつめて
作品イメージ
【用具材料】(材料費-1人100円程度)
マーメード紙 (厚み160kg) 27cm×6cm ひとり各色2本 
計6本(八つ切り画用紙1枚相当)
アルミ針金(なましてないもの) ひとり1本 30cm程度(一方を丸めておく)
モール 直径6mm ひとり1本 48cm程度

【制作手順-2時間 対象-全校生】
1.針金にモールを巻く
2.紙帯の中央まで切込みを入れ折る
3.針金に通す
4.残りの紙帯で飾りを付ける
5.色紙で飾りを付ける

【参考】
マイクロソフトパワーポイント形式「児童説明用-全校作品の作り方
PDF形式「児童説明用-全校作品の作り方
教職員提示用作品説明プリント(概要、作り方、展示方法等)

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説

曲線をあつめて
1.材料、紙帯の一方にはパンチ穴をあけておく
曲線をあつめて
2.針金にモールを巻き付ける
曲線をあつめて
3.紙の中央に線をひき、そこまで切り込みを入れる
曲線をあつめて
4.切り込みが入った部分まで立てるように折る
曲線をあつめて
5.針金に通す
曲線をあつめて
6.3つの紙帯を通したら、ホッチキスで留める
曲線をあつめて
7.残り3枚の紙帯は切って使う
曲線をあつめて
8.折ったり丸めたりして飾りを付ける
曲線をあつめて
9.飾りが付いた
曲線をあつめて
10.色紙で少し色を入れるとおもしろい
曲線をあつめて
11.できあがったら針金の先端をU字に曲げる
曲線をあつめて
12.展示はフラフープを使った
曲線をあつめて
13.インシュロックでS字金具を固定
曲線をあつめて
14.針金でつりさげられるようにした

曲線をあつめて
15.フラフープをワイヤーにセット

曲線をあつめて
16.完成
曲線をあつめて
17.完成
曲線をあつめて
18.2完成

補足説明

・図工展の全校集合作品である。紙帯のパンチ穴と針金の先端の輪は図工専科が準備して各クラスに配布した。針金にモールを巻きつけるのは、紙帯が滑り落ちて曲線をつくりにくいので、滑り止めのためである。低学年には、この巻き付ける作業が難しいので教師が巻き付けたものを使わせるほうが良い。
・中心に線をひいてから、切り込みを入れるのは、そこまで切る目印の意味もあるが、紙が鉛筆で押さえられているので折るときに折りやすいという理由もある。
・展示にはフラフープを使ったが、必要な色が手に入らなかったので、紙テープを巻いて対応した。
・全校で制作に取り組む際、各担任が指導する時に児童に提示したものを上記【参考】に掲載したので、活用されたい

【スポンサーリンク】