中学年立体作品-針金と荒縄を使って「縄の変身」

荒縄を使って「縄の変身」 立体

荒縄に針金を巻いたら、形の変わるおもしろい縄ができました。それをねじったり、つなげたり、巻きつけたりすると、足やしっぽや頭に見えてきました。紙粘土で飾りを付けて不思議な生き物の誕生です。

題材概要

【材料 材料費約350円】
・荒縄-50cm×5本
・超軽量紙粘土   L:19.5×11.6×3.1cm 約230gを1/2
・カラー針金 80cm程度を5本
・ビーズ スパンコール モール 動く目玉

【制作手順 6時間-8時間】
1.荒縄に針金を巻き付ける。
2.縄同士をつなげ、作りたい生き物の形にする。
3.絵の具を混ぜ込んだ色粘土を縄に付けていく。
4.動く目玉やスパンコール、モールやビーズで飾り付けする。

制作過程

荒縄を使って「縄の変身」

材料

荒縄を使って「縄の変身」

荒縄、50cmに切っておく

荒縄を使って「縄の変身」

縄目に沿って、ひとつとばしに針金を巻き付けるといい感じ

荒縄を使って「縄の変身」

針金を巻いた荒縄

荒縄を使って「縄の変身」

形が変えられる縄ができた

荒縄を使って「縄の変身」

縄をつないで形を作っていく

荒縄を使って「縄の変身」

絵の具を混ぜ込んだ紙粘土を付けていく

荒縄を使って「縄の変身」

縄が出る部分と粘土を付ける部分を考えながら

荒縄を使って「縄の変身」

動く目玉やスパンコールで飾ってもおもしろい

荒縄を使って「縄の変身」

モールやビーズもおもしろいアクセントに

荒縄を使って「縄の変身」

完成作品

荒縄を使って「縄の変身」

完成作品

詳細

・荒縄を使った工作である。荒縄は図工の教材を扱っているカタログなどから購入できる。また、ホームセンターなどでも扱いがある。
・荒縄を針金と合わせて使うと、曲げた形が固定できるようなる。こうした素材で生き物を作るという題材である。注)針金、ペンチは高学年で扱う材料用具であるので、無理のないように配慮しながら扱うようにしたい。また、カラー針金(ビニール被覆線)はカラフルだが、中の針金は硬い場合があるので事前によく調べておきたい。
・縄への巻き方が緩いと思うように形が変わらないので、巻き終わってから締まる向きにねじると良い。
・荒縄同士を留める時は、1mm程度の細いアルミの針金を用意しておき、それを巻き付けるか、モールなどを使うと良い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました