2月の掲示物は「梅とめじろ」です。山折り谷折りを交互にして梅の花を立体的に表現しました。やわらかい梅の花の色とめじろの黄、緑が立春を感じさせる掲示物です。

2月の掲示物-梅とめじろ

作品イメージ
【用具材料】
台紙-薄桃色画用紙(全紙1枚)
梅-ピンク、赤、白色画用紙(八つ切り各1.2枚程度)
めじろ-黄色、緑、薄緑、薄黄色色画用紙(八つ切り各3枚程度)
型紙 梅とめじろ 
【制作手順】
1.めじろを型紙に合わせて切る
2.貼り合わせる
3.梅を型紙に合わせて切る
4.折り線にしたがって折り、貼りつける
5.台紙に梅の木を半立体的にして貼る
6.梅の木の上に梅やめじろを貼る
【スポンサーリンク】

制作過程写真解説

梅とめじろ
型紙に合わせて切る
梅とめじろ
緑の紙を貼り合わせ
梅とめじろ
切り込みを寄せて貼りつける
梅とめじろ
翼も切り込みを貼り、立体的に
梅とめじろ
めじろの完成
梅とめじろ
梅の型紙に沿って切る
梅とめじろ
切り込みを入れ蛇腹に折る
梅とめじろ
隙間の空く部分に小さな花びらを貼る
梅とめじろ
おしべはマーカーで
梅とめじろ
梅の幹は切り込みを入れて
梅とめじろ
枝は真ん中で山折り
梅とめじろ
いくつか組み合わせる
梅とめじろ
めじろは同じ型紙から裏返すことで向きを変える
梅とめじろ
斜めから見たところ
梅とめじろ
斜めから見たところ

補足説明

・梅の花は、花びらを4枚と1枚に分け、山折り、谷折りを交互にすることで空いてしまう隙間をふさぐように作る。
・梅の枝は真ん中で山折りにして立体感を出した。
・めじろは同じ型紙を使い、切り取った色画用紙を裏返して使うことで、左右向きの違うものを作る。

【スポンサーリンク】