日本人は、昔から四季折々に違ったおもむきを見せる美しい自然や風景を重んじてきました。その心は花鳥風月という言葉にも感じられます。色和紙を作り、その中からイメージに合った色をさがして、貼り絵で表現しました。

高学年平面作品-花鳥風月

花鳥風月
作品イメージ
【用具材料】
絵の具
4つ切り画用紙(白)を縦横2cm切り落としたもの1枚 
4つ切り雲華紙(うんかし) 1枚
8つ切り相当の彩色用和紙ひとり15枚程度
練版 霧吹き 食品トレイ 洗濯のり スプーン
金色紙
ティシュー

【制作手順-13時間 対象-5年生】
1.画用紙に色を流し、彩色する。(1時間)
2.和紙に色を着ける-1回目(1時間)
3.画用紙にティシューを貼る(1時間)
4.和紙に色を着ける-2回目(1時間)
5.和紙を色水に付け色を着ける(2時間)
6.乾いた和紙をまとめ、画用紙を雲画紙に貼る(1時間)
7.花を貼り絵で表現する(2時間)
7.鳥、風、月を貼り絵で表現する(2時間)
7.細かい模様や金紙を貼って仕上げる(2時間)

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


1.濡らした画用紙に絵具で作った色水を流す

2.一度紙を軽く洗って、二色目を流す

3.和紙に色を着ける

4.絵具を垂らしたり、スポンジをつかったり好きな方法で

5.画用紙にのりを塗り、ティシューを貼る

6.浮いたところはのりの付いた筆でおさえたり、霧吹きを使う

7.練版に2色の色水を作り、和紙を入れて染める

8.濡れた和紙は、新聞にはさむ

9.乾いた和紙をまとめたところ

10.最初、和紙は8つ折りにして使う

11.八つ折りの和紙をどちら向きに切るかで花の大きさが決まる

12.のりは食品トレイにスプーンで計って入れる

13.食品トレイののりに漬けるようにして裏にのりを付け紙に貼る

14.大きさ、色、重なりに気を付けて

15.八つ折り以外の方法で切って貼るものが増える

16.金紙を小さく切ってアクセントに

17.完成作品

18.完成作品

補足説明

・8つ折りにした和紙を切って、八枚の同じ形を作り、それを放射状に貼ることで、花を表現した。題を花鳥風月とすることで、花だけでなく鳥や周りのようすなどにも想像を広げやすくなった。
・花鳥風月を言葉通りとらえて、花や鳥を作ってもよいが、もう少し発想を広げて、花は植物、鳥は動物、風は気象、月は天地を表ししているいうように教師がアドバイスすると個々の表現に広がりがでる。
・貼り絵をするために、重要なのは和紙の色数や模様の多さである。そこで、画用紙に色を着けたり、ティシューを貼ったりする作業と平行して、和紙に色を着ける作業を2時間続きの1時間ずつを使い2度行った。この時の和紙の彩色には、筆で塗る、スポンジでたたくように色を着ける、絵具を垂らすなど好きな技法を用いさせた。
・上記の方法では、枚数があまりできないので、練版に2色の絵具を出し、霧吹きで水を加えて、色水にして、適度に混ぜたところで、和紙を練版に漬けるという方法をおこなった。この方法は、たくさんの枚数の和紙を染めることができるが、問題は濡れた和紙の保管方法である。班ごとに画板の上に1枚の新聞紙を敷いて、できた和紙はその上にのせることにする。2枚ほどしか置けないので、その新聞紙の上に新しい新聞紙を敷き、和紙をのせるということを繰り返していく。ある程度の厚みになったら、画板ごと乾燥棚に入れると、場所もとらず和紙も破れにくい。
・練版の上に出す絵具は、各自が持っている水彩絵の具である。アクリル絵の具でもそまるが、新聞にはさむと乾いたとき、紙と新聞がくっつき取れなくなる。
・貼り絵の作業では、8つ折りにして、好きな形に切り、それを放射状に貼ることで、花を表現した。はじめは、この基本的な方法で花を作り、慣れてくれば、8つ折りにしないで自由に作業させるとよい。
・のりは食品トレイの上に洗濯のりを出し、その中に裏面を入れてのりをつけるようにすると早い。ところで、のりは翌週までそのままにはできないので、トレイに残ったのりは、捨てることが多い。そこで、大量にトレイにのりを出させないために、スプーン1杯を入れるなどと、決めておくと無駄が少なくなる。
・和紙を使うことと、花鳥風月という題であることから、より日本的にするために、画用紙にティシューを貼り、その画用紙は雲華紙(うんかし)に貼った。雲華紙を四つ切にしたので、画用紙はあらかじめ四つ切より少し小さくした。

【スポンサーリンク】