自分の名前のアルファベットを使って、箱を作り、それをつないだり、積み上げたりしてできた木工作品です。

高学年立体作品-マイネームボックス

作品イメージ
【用具材料-材料費約300円】
圧縮板 45cm×30cm×0.4cm 2枚
圧縮板 60cm×10cm×0.9cm 2枚 


【制作手順-12時間 対象-6年生】
1.文字のアイディアスケッチをする。
2.アルファベットデザイン用紙(1枚目 2枚目 3枚目)を使い、文字をデザインする。
3.0.4cm厚の板にアクリル絵の具で色を塗る。表と裏で色を変えて、同じものを2枚作る。
4.0.9cm厚の板を8cm毎に切り分ける。(2枚重ねて)
5.デザインした文字の紙を板に貼り付け、2枚重ねて電動糸鋸盤で切る。
6.切り抜いた文字に2色目の色を着ける。
7.ホットボンドと木工ボンドを併用して箱を作る
8.箱を組み合わせて接着する。
9.残っている板で飾りを作り貼り付ける。

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


材料、写真は1人分

0.9cm板の横にボンドを付けるための目印として、色を付けておく

名前の文字のアイディアスケッチをする

プリントを使って形を正確に描く

板に色を付ける

同じ色が向き合うようにしてテープで2枚の板を留め、文字を貼る

電動いとのこ盤を使い文字を切る

2枚の板がずれないように気を付けて

9㎜板は8cm間隔で線を引く。8cmの紙帯を定規代わりにした

2枚の板をテープで固定して、切る

文字を切り終わったら、表面に2色目の色を塗る

4㎜板に9mm板を接着する

接着には木工ボンドとホットボンドを併用

1文字ごとの箱ができた。

箱同士をつなげ、飾りや模様をいれる

完成作品

完成作品

完成作品

補足説明

・ 自分の名前のアルファベットを使って箱を作り、それを組み合せることで、新しい形を作り出す題材である。文字数は4文字から6文字程度が適当なので、4文字に満たない場合は、姓と名の両方の文字を使うとか、同じ文字を繰り返すとかの工夫が必要になる。
・板が45cm×30cmで、文字の大きさが15cm×15cm程度なので、6文字切り取ることができる。文字数が少ない場合、文字以外のものを作って、切り取ることにした。
・「AITY」は箱にするのが難しいので、箱ができない組み合わせの場合は、文字の形を工夫する必要がある。箱は3個~4個作るので、箱にできる文字や文字以外の形がこの数あればよい。
・アルファベットデザイン用紙に「CFJLQVX」の文字が無いのは、小学校のローマ字表記に利用されないから省略したためである。
・板は、2枚同時に色を塗り、裏面は別の色で同時に塗る。この同じ色の組み合わせの板を同じ色同士を合わせるようにテープで留め、その上にアルファベットを貼りつけて2枚同時に切る。このようにすることで、外側、内側が同じ色になる。アルファベットは裏側からみると鏡文字になるが、箱の形にするためには仕方がない。
・箱の形に接着する場合、アルファベット4mm板の上に3枚の9mm板をコの字形に貼りつけ、そのコの字の上にもう一枚のアルファベットをかぶせるようにする。接着には時間を短縮するためにホットボンドを使うが接着力が弱いので、木工ボンドを間隔を空けて点を打つように付け、そのあと、その間に同じく点を打つようにホットボンドを付ける。こうすることで、ホットボンドで仮止めされた板が、暫くして木工ボンドが乾くと強力に接着されることになる。
・9mm板は10cm幅のものを用意したが、これを8cm間隔に切断すると、長さが似ているので間違えて接着剤を違う小口に付けやすい。また、切断時多少ゆがんでも大丈夫なように接着材を付けるとことがわかりやすように色をあらかじめ付けておいた。
【スポンサーリンク】