自分の名前の形をしたビルがある町。その町には、どんな住人がいて、どんな事が起こっているのでしょう。文字を立体的に表現して、その側面に窓を描くことで、そびえ立つビルにしました。グラデーションを効果的に使ってビルの高さや壁の向きを表現しています。

高学年平面作品-名前の町で

作品イメージ
【用具材料】
4つ切り画用紙1枚、グラデーション練習用ワークシート
絵の具 定規 ネームペン

【制作手順-8時間 対象-6年生】
1.ワークシートを使いグラデーションの練習をする。(1時間)
2.名前のビルの描き方を知り、アイディアスケッチする。(1時間)
3.アイディアスケッチを元に画用紙に描きネームペンでなぞる。(1時間)
4.明度のグラデーションを使いビルの側面を塗る。(2時間)
5.窓や背景を塗る。(2時間)
6.名前を色相のグラデーションで塗る。(1時間)

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


2.アイディアスケッチ

3.画用紙に描く

4.ネームペンでなぞる

5.ビルの描き方-頂点から下に何かにぶつかるまで線をのばす

6.丸い形は、形の端に線を描く

7.窓の上下の形は文字の形に合わせて

8.壁から明度のグラデーションで塗る

9.明るさをうまく変化させて壁の向きの違いを表現

10.グラデーションの方向で立体感が感じられる

11.壁、窓、背景、小さなものと塗り進み、最後に名前を残す

12.名前は色相のグラデーションで

13.完成作品

14.完成作品

15.完成作品

補足説明

・自分の名前(ローマ字でもカタカナでも可)を立体的に描くことで、ビルに見た立てて、自分の名前の町を作り、どんなことが起こり、どんなものがあるかなどその町の様子を想像を広げて描く題材である。彩色はグラデーションをビルの高さや壁の向きなどを表現するのに用いた。
・名前は苗字でも名でもイニシャルでもニックネームでもよい。文字が多すぎるとひとつひとつが小さくなって彩色しにくいので、6文字以下が好ましい。ローマ字では文字数が多くなるので、カタカナもオススメである。ひらがなは字体が複雑になり、曲線も多くなってこの題材には適さない。
【ビルの描き方】
  1. 袋文字を描く。
  2. 各頂点から下へ何かにぶつかるまで線を延ばす。
    下に何もない場合は画用紙の端まで伸ばす。
     下に伸ばそうとしたときに自分自身の文字を横切る場合は下に線を延ばさない。
     下に伸ばす線は垂直が良いが、下に行くほど建物が広がるようにまたは狭まるように描いても良い
  3. 文字が2段になった場合、下へ伸ばす線は下の文字から描く。
  4.窓は上下の線は文字の線に合わせ、左右の線は下へ延ばした線に合わせる。
  5.窓は壁面全部に描く必要はない。壁面の途中で窓が無くなっても良い。
【ビルの彩色の仕方】
  1.壁面を明度グラデーションで塗る。同じ向きの壁を見つけて、2.3面を同時に塗り進める。
  2.ひとつの文字の壁面はなるべく同じ色で塗る。
    グラデーションの明るさや向きをを変えて、向きの違うかべが同じ調子にならないように気を付ける。
  3.壁→窓→背景→町にいる物や人→名前の順に塗る。
  4.壁と名前以外は、グラデーションで塗らなくても良い。
  5.名前は色相のグラデーションで塗る。

【スポンサーリンク】