みんなのところに生き物がやってきました。みんなは、おおあわてです。どうしたのでしょう。何がやってきたのでしょう。 お話を考えて絵にしました。その方法がちょっと変わっています。その名もステンシルローラー版画。シールを貼ってローラーで色を付ける。その上から、またシールを貼って、ローラーで。重なりが遠近感になって不思議な雰囲気の絵になります。

中学年絵画教材-ステンシルローラー版画「みんなおおあわて」

作品イメージ
【材料】
・蛍光ニューカラーえのぐ・ニューカラーえのぐ・のり(不易のり-絵の具と同量混ぜて使用)・マーメード紙 ・ステンシルローラー型紙シート(八つ切り20枚入り1600円程度→1人2枚~3枚必要 ・スポンジローラー・練り板

【制作手順】
1.近景(人)、中景(生き物)、遠景(建物風景)と3つに分けて、シールでシルエットを作る。
2.ローラーで画用紙に明るい色をつける。(蛍光色の近似色2色を使用)
3.近景のシルエットを並べて貼り、前回より濃い色をつける。
4.中景のシルエットを近景に1部重なるようにして貼り、暗い蛍光色、もしくは中間色で塗る。
5.遠景のシルエットを貼り、暗めの色を付ける。
6.シールを剥がす

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


シールに絵を描いて、切り抜きます。

画用紙にローラーで明るい色を着けます。

シールを貼った後、ローラーを使って前回より濃い色で着色します。

シールを貼る、ローラーで色を着ける作業を2~4回繰り返します。

ローラが終わったら、乾いてから、シールをはがしていきます。

何度目に貼ったシールかで、はがしたときの色が違います。

たのしい絵ができました。大あわてしている様子が表せたでしょうか。

完成作品

完成作品

補足説明

・シルエットで表す経験がないと思うので、はさみによる切り絵でものの形をあらわす練習をすると良い。
・シールを貼った上に一部が重なるように貼っても良いが、完全に前のシールの上に乗ってしまうとその形は、出てこない。そこで、後に貼るものほど大きくなるように、人→生き物→風景と進むにつれて大きなものを作るようにする。
・シルエットの周囲にしっかり絵の具がつけられていないと形がはっきりと見えない。そこ貼った紙の周囲に細い線(シールと画用紙の段差による絵の具の付かない部分)がはっきりと現れるまでしっかりとローラーを転がす。
・ 全体が同じ色になるとあまり面白くない。そこで、貼った部分を中心に色を付け、それを塗り広げるつもりで色をつけると良い。
・シールは貼ってはがせるタイプのもので、粘着力がやや弱い。そのため力任せにローラーを転がすとシールがはがれてしまう。ローラーを転がすときには、ゆっくりとシールを押さえるようにローラーを転がし、それでもはがれたときのために、教師は貼ってはがせるスプレータイプののりを用意しておくとよい。

【スポンサーリンク】