ダイナミックな墨の線と繊細なペンの線が画面を作り出すととても不思議な世界ができあがりました。雲華紙に貼って上下に千代紙を貼るとさらに作品が引き立ちます。

高学年平面作品-墨と模様のアート

色とり鳥
作品イメージ

【用具材料 一人350円程度】
習字道具
絵の具セット
ピグマ0.3mm 1人1本
筆ペン 班に3本
タブレット 班に3台
和紙(100kg程度のもの)大判470×315mmひとり7枚
-この実践では、練習に4枚、作品制作に3枚を用意し、紙質も少し変えた
雲華紙4つ切り
友禅千代紙360×255mmを360×25mmの帯に切ったもの1人2~3本
ブラシ スポイト 刷毛 インク練りベラ
【制作手順-11時間 対象-6年生】
1.4枚の用紙に色々な技法を試す(2時間)
2.構成を考えながら、墨の形や色を工夫しながら描く(2時間)
3.トレーシングペーパーを使い模様の枠を描く(2時間)
4.用具を使い分けながら模様を描く(3時間)
5.絵の具を使い色を少し入れる(1時間)
6.雲華紙に作品を貼り、上下に友禅和紙の帯を貼る(0.5時間)
7.振り返りと鑑賞(0.5時間)
【ねらい】
墨絵の形や色を工夫して、構図を考えながら描く。
用具を選びながら、模様の組み合わせを考えて描く。
【評価】
墨で描くことに興味を持ち、いろいろな技法で描こうとしていたか。
動きや力強さ、繊細さなど墨の濃淡や強弱で表現し、全体のバランスを考えながら描くことができたか。
組み合わせや用具の使い分けを工夫して、美しい模様を描けたか。

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


1.いろいろな用具を使い墨で描くことを試す

2.幅の広い刷毛を使って

3.筆を振って墨を飛ばした

4.墨の濃さを変えてみた

5.薄墨と濃い墨の対比も面白い

6.違う技法をいろいろと試してみる

7.線は紙の端から端まではみ出すように引く

8.構図を考えながら、線の繋がり、円の大きさなどを工夫する

9.トレーシングペーペーを使い模様の枠の下描きをする

10.トレーシングペーパーの裏側から鉛筆でこすり転写してもよい

11.模様の枠をネームペンでなぞり

12.枠の中を模様で埋めていく

13.模様の描き方はタブレットで調べる

14.ネームペン、ピグマ、筆ペンを使い分ける

15.墨を足したい場合は、別のコーナーで

16.絵の具で少し色を入れる

17.墨と同じような線を絵の具で入れても良い

18.雲華紙に貼って、上下に友禅千代紙を貼る

19.完成作品

20.完成作品

21.完成作品

22.完成作品

23.完成作品

24.完成作品

補足説明

・同様の実践「墨のアート」に模様を付け加えた題材である。
・墨のアートの場合、偶然にできる形の面白さはあるのだが、高学年でないとできない細かな線も同時に入れてみたかったので、墨と模様と組み合わせて描く題材を考えてみた。
・模様はゼンタングルアートを参考にした。模様の描き方は紙面にするとたくさんの印刷物を作る必要なので、GIFアニメにしてタブレットパソコンで描きたい模様を表示させる方法をとった。
・模様を描く筆記用具は枠を描くように太さのあるネームペン、模様を描く用に細い0.3mmのピグマというサクラのペンを使った。このペンで塗ると時間がかかる上、ペン先が早く痛むので、筆ペンも用意した。
・ピグマの0.3mmというサイズは小学生には細すぎるように思えるが、和紙に描くので、細い線がきれいに描けているようにみえて、実はにじんで少し太くなっている。画用紙にえがくのなら、0.5mmでも十分に細いが、和紙の場合はこのサイズが最適だった。
・和紙は特すき和紙という少し黄みがかった厚みのある和紙を使った。この和紙はペン書きができるだけではなく、消しゴムをかけることもできる。模様の枠を描くとき、少しぐらいなら消しゴムを使えるが、あまり使うとペン書きの際、紙の表面が荒れてにじみが大きくなる可能性もあるので、トレーシングペーパーを使って模様枠を下描きすることにした。


【スポンサーリンク】