中学年平面作品-三角形の頂点を積み上げて描く「三角の城」

三角の城動画

三角形の頂点を積み上げて描く「三角の城」です。三角形なので不安定な形になりますが、それが建物にユーモラスな雰囲気を与え、動きの感じられる絵になります。

三角の城の題材概要

【用具材料】
絵の具
4つ切りマーメード紙(白)
カラーインク(カーマイン、オレンジ、イエロー、メイグリーン、コバルトブルー、バイオレット)

【制作手順-8時間】
1.アイディアスケッチを元に、画用紙に描きネームペンでなぞる。(2時間)
2.背景にカラーインクで色を着ける(1時間)
3.城を絵の具で塗る(3時間)
4.綿棒やマーカーで飾りやまわりの様子を描く(2時間)

【めあて】
三角形を積み上げて城の形を工夫して描くことができる
色の組み合わせを考えながら、色のまとまりを考えながら城を塗ることができる。

【評価】
三角形の大きさと向き、形やバランスなどを工夫しながら、城を描くことができたか
色のまとまりを考えながら、城を塗ることができたか

三角の城の制作過程

三角の城

アイディアスケッチを元に、定規を使いながら、鉛筆で城を描く

三角の城

ネームペンで鉛筆の線をなぞる

三角の城

霧吹きで画用紙を十分に濡らして

三角の城

カラーインクを垂らす

三角の城

2色を垂らした後、紙を少し傾けて、色を混ぜたり、広げたりする

三角の城

色が全体に付いたら、平らなところに置いて乾かす

三角の城

順に塗る必要はないので同じ色は一度に塗ってしまう

三角の城

色のまとまりをかんがえながら

三角の城

アクセントになるような色も使うと楽しい

三角の城
三角の城

マーカーや綿棒などを使って周りの様子を表現する

三角の城

完成作品

三角の城

完成作品

三角の城

完成作品

三角の城

完成作品

三角の城

完成作品

三角の城の詳細

・三角形の積み上げ方は次の通り。
(ア)画用紙の一番下に、上向きの三角を描く。
(イ)描いた三角の上に頂点が接するように2つめの三角を描く
(ウ)2つめの三角には残り2つの頂点があるが、そのうちのどちらかの頂点に接するように、3つめの三角を描く。同様に3角形を重ねていき、紙の上部に近づくまで続ける。(この時、三角形が規則正しく並ばないように、傾きや大きさを変えるようにする。はじめに大きな三角形を描き、上に行くほど少しずつ積み上げる三角形を小さくしていくと描き易い。)
(エ)2つの三角の別の頂点を直線で結ぶと、新たな三角形ができる。このような場所を見つけて結んで三角形を描いていく。
(オ)一本のねじれた木のようになったら、結ばれていない頂点から三角形を足していくように、塔の部分を枝分かれさしたり、城を太くしたりする。
・始めに上記の描き方を説明して、アイディアスケッチ用の紙に試してみる。実際に画用紙に描く時は定規を使った方が描きやすい。
・この題材では、背景の彩色にカラーインクを用いている。カラーインクはホルベイン ドローイングインク30mlを使っている。残念ながらこのカラーインクは製造終了となってしまった。
・カラーインクが手に付くと落ちにくいので、使い捨て手袋を用意し、それを付けて扱わせた。また、床には養生シートを敷き、汚れないように気を付けた。
・画用紙の上に、色水がたまったようになっても、そのまま平らなところで乾かすと、たまった部分が濃くなって面白い。
・城を彩色する際、考えずにいろいろな色を使うと派手にはなるが、まとまりに欠けてしまう。そこで、同じものは似たような色をつかうことでまとまりを感じられるようにしたい。白や黒、同系色をうまく使うと良い。・ひとつずつ色を変えるのではなく、同じ色はまとめて塗るようにする。
・三角の城の制作過程をタイムラプス動画にしたので、参考にしていだだきたい。

三角の城の制作過程説明動画

三角の城の制作過程をタイムラプス動画にしたので、参考にしていだだきたい。

図工 中学年絵画作品 「三角の城」の制作説明

コメント

タイトルとURLをコピーしました