色画用紙で作る夏の壁面掲示「風鈴」

季節の壁面掲示-夏-風鈴季節

 夏をイメージした、色画用紙で作る立体的な風鈴です。風鈴自体もさることながら、風鈴の中の音を鳴らす部分である舌も立体的にして、短冊を止める紐も結んで作っています。

スポンサーリンク

風鈴の作り方を動画で解説

型紙や文字だけでは分かりにくい部分もありますので、動画で詳しく解説しています。まずはこちらをご覧ください。

季節の掲示物「風鈴」の詳細

用意するもの

色画用紙 風鈴1個分 
〇風鈴本体-好みの色(1色目)の32切り色画用紙 1枚 
〇短冊-好みの色(2色目)の32切り色画用紙 半分
〇短冊模様-好みの色(3色目)の32切り色画用紙 四分の1
〇舌-32切り灰色画用紙 四分の1
〇金魚の模様 赤色画用紙少量
〇紐 黒色画用紙少量
型紙 はさみ 接着剤 ホッチキス 定規 等

季節の壁面掲示-夏-風鈴型紙

作り方

季節の壁面掲示-夏-風鈴

左右対称の形は、対称の軸でふたつ折りにして切ると労力が少なくて済みます。

季節の壁面掲示-夏-風鈴

中央の切り込みは、広げてから切ります。

季節の壁面掲示-夏-風鈴

各パーツを切り終えたところ

季節の壁面掲示-夏-風鈴

型紙を重ねて折り線を入れます。

季節の壁面掲示-夏-風鈴

風鈴の本体前面は、切り込みの近くを少し重ねると立体的な傘の形になります。

季節の壁面掲示-夏-風鈴

風鈴の飾りに金魚の形の紙を貼りました。

季節の壁面掲示-夏-風鈴

飾りはマーカーで直接描くこともできます。

季節の壁面掲示-夏-風鈴

短冊のパンチ穴に細長い紙を結ぶようにして取り付けます。

季節の壁面掲示-夏-風鈴

舌を接着して、上部の紐を結ぶようにして取り付けて完成です。

季節の壁面掲示-夏-風鈴

4つ切り画用紙に並べたところ。これを参考に掲示スペースの個数を考えてください。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました