3月はひな祭りにちなんで雛人形の掲示物です。お内裏様、お雛様、三人官女、5人囃子までを壇飾りにした、ちょっと豪華な掲示物です。

3月の掲示物-ひな祭り

作品イメージ

【用具材料】
台紙-水色画用紙(全紙2枚)
雛壇- 赤色画用紙(全紙1枚)
お雛様-橙色画用紙(8つ切りを縦長に半分にしたもの2枚-着物用)
      黄色画用紙(8つ切りを縦長に半分にしたもの1枚-着物用)
      黄・黒色画用紙(16切り各1枚-袴・髪)
      薄橙・レモン(32切り各1枚-顔・小物)
お内裏様-着物用を紫1枚黄1枚に ほかは上記の通り
官女- 着物用を桃1枚黄1枚に ほかは上記の通り
囃子- 着物用を白1枚黄1枚に ほかは上記の通り

型紙-ひな人形1 ひな人形2

【制作手順】
1.型紙に合わせて部品を切り、人形を作る。
2.雛壇を作る。
3.雛壇に人形を配置する。

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説

ひな人形
材料の色画用紙-お雛様用
ひな人形
型紙に合わせて切る
ひな人形
はかまを立体的に折る
ひな人形
2枚の紙を少しずらして貼り、袴を貼る
ひな人形
同じように髪を付ける
ひな人形
髪の両端を貼り合わせる
ひな人形
髪に顔を付ける
ひな人形
着物部分を合わせるようにして袴に付ける
ひな人形
目と口を付けたところ
ひな人形
髪飾りと扇を付け、もう一枚の着物用紙を背面に糊付けする
ひな人形
山形になるように両端を貼る
ひな人形
全紙がやや台形になるように端を斜めに折り、糊付けする
ひな人形
真ん中と上に壇ができるように山折と谷折をする
ひな人形
上部はもう一度山折してのりしろを作り台紙に貼り付ける
ひな人形
ひな壇の上に金紙で屏風を作る
ひな人形
屏風を黒の紙帯で囲む
ひな人形
人形を取り付けていく
ひな人形
斜め横から見たところ

補足説明

・着物の色画用紙は8つ切り色画用紙を縦長の半分にして使う。型紙は無い。
・着物の色と袖の有無、小物で人形を区別した。作り方はほぼ共通である。
・雛壇は上部、下部と中央部を両面テープで台紙に固定した。

【スポンサーリンク】