手の形をなぞって描いて、それが鳥の翼になります。黒の色画用紙に混色した色を思い思いに塗って、色とりどりの鳥「色とり鳥」ができました。

中学年平面作品-色とり鳥

色とり鳥
作品イメージ
【用具材料】
絵の具 はさみ のり
4つ切り色画用紙(黒)
4つ切り画用紙(白)
ストロー スポイト スポンジ

【制作手順-8時間 対象-3年生】
1.画用紙に手の形をとり、彩色する。(2時間)
2.背景にスポンジと絵具で空の色を着ける(1時間)
3.ストローで吹いて木の枝を作り、幹を筆で描く(1時間)
4.手の形を切り取り、鳥にする(1時間)
5.くちばしや目、鳥の飾りを作る(1時間)
6.空をぬった画用紙に鳥を貼り、周りの様子を付け加える(2時間)
【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


1.黒色画用紙に手の形を鉛筆でなぞる

2.グー(1)と指先を伸ばした形(1)、すべての指を広げた形(2)をなぞる

3.色まぜしながら、いろいろな色でぬる

4.同じ色別の所に塗る場合は同時進行で塗る

5.パレットの使い川に気を付けて、たくさんの色ができる色混ぜを

6.白の画用紙に空の色を着ける

7.スポンジでとんとんたたくように

8.色を変える場合は少し重ねるように前の色の上をたたいてから

9.スポイトで絵具をたらし、ストローで吹く

10.木の枝ができる

11.筆で、木の枝をのばしたり、幹を付けたしたりする

12.周りに黒い部分を残して切る

13.貼り合わせて鳥の形に

14.くちばしや目は残っている紙に絵具で塗って切る

15.帽子やカバン、ネクタイなど鳥の飾りを付ける

16.背景の空と木を描いた画用紙に鳥を貼る

17.周りの様子を考えて描いて貼っていく

18.完成作品

19.完成作品

20.完成作品

21.完成作品

補足説明

・混色の方法を学習してから、それを使って描く題材である。同様の題材に、「カラフルなヘビ」がある。混色した色を確かめるには、白い画用紙が最適であるが、黒い線を残す為に黒の色画用紙を使った。
・手の形をなぞってそこに色を塗るのは、鳥の形を作りやすくするためである。この方法で、中学年でも、クラス全員が鳥らしく描ける。ただし、手の形をなぞったり、塗ったりする段階では、鳥になることは知らせない。
・グー(頭)、指をそろえて伸ばす形(からだ)をそれぞれ1つずつと、指を伸ばすパーや指を伸ばしてどこかの指の間を開けた形など手を広げた形(羽)を2つの計4つで1羽の鳥ができるので、4つの形をなぞらせる。色塗りが早くできた子は、もう1セットなぞって塗らせると2羽目ができる。
・手の中を塗るのは、混色の確かめ的な課題である。これ以前に「カラフルなヘビ」の絵の具の指導「1.2つの色の混色を学習する。(2時間)」を行っておく。
・一色作って一か所塗るのではこの課題のように塗る面が多いと完成に時間がかかる。一色作ったら同じ色にしたい部分を数か所塗るように指導する。4つの手を同時に進行するとよい。
・背景が黒なので、白をまぜるときれいに発色するが、「赤+黄+白」のようになって、3色の混色となり初めての混色の学習には適さない。白を使うと明るくなることに少し触れても良いが、必ず白を入れるように言わない方が良い。
・背景を塗る段階で、手が鳥になることを伝えた。その鳥が飛ぶ空をイメージして、スポンジでたたくようにして色を着ける。何も指導しないと青い空ばかりになるので、夕焼けの色や曇り空、夜空、オーロラなどイメージを広げておくといろいろな空ができる。
・木はスポイトで垂らした絵具をストローで吹き広げて枝にした。筆でそれを結んで木の幹にした。
・鳥や周りの様子はすべて黒い色画用紙に描き、黒い部分を周りに残しながら切り取った。こうすることで、黒い部分が輪郭となり絵が締まって見える。

【スポンサーリンク】