「1+1=1の混色から1+1=3.4.5の混色へ」を合い言葉に、混色の勉強をして、たくさんの色を作りました。そのたくさんの色を使ってカラフルなヘビを描いてみました。

中学年平面作品-カラフルなヘビ

作品イメージ
【用具材料】
4つ切り画用紙1枚、八つ切り画用紙1枚
絵の具
" パステル等

【制作手順-6時間 対象-3年生】
1.2つの色の混色を学習する。(2時間)
2.色を変えながらヘビを描く。(2時間)
3.パステルの粉で背景に色を付ける。(1時間)
4.周りの様子を絵の具で描く。(1時間)

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


1.2色を小部屋から大部屋に出し、それぞれ紙に色を塗る


2.2つの色が完全に混じり合わないように気をつけて混色

3.それ以上違う色が作れなくなったら次の2色を出す

4.大部屋に4色あると別の組み合わせでも混色できる

5.自由に色々な色を混色してみる

6.4つ切り画用紙にヘビを描く

7.筆の穂先の長さぐらいの間隔で別の色にしてつなげていく

8.一匹を長くしても、2匹目を描いても良い

9.大部屋に作った色が残っているようにパレットを使う

10.水入れの水にも注意。一番汚れている部屋、次に汚れた部屋

11.パステルをいらない紙の上でこすり粉にする

12.ティシュで粉を取り、円を描くように画用紙に色を着ける

13.絵の具で花や木、動物や虫などを描いていく

14.完成作品

15.完成作品

補足説明

・子ども達は、色を混ぜるというと2つの色をグルグルと混ぜて1色にしてしまう。これは2つの色から1色を作る「1+1=1」の混色である。この学習を通して、2つの色から微妙に違ういくつかの色を作り出す技能を身につけさせたい。1+1が3になったり、4になったり、5になったりする混色である。
・混ぜるというと混ざった色が主になり最初の色が軽視される。そこで、「混ぜる」という言葉を使わず「出会わせる」と言っている。「2つの色が出会う」ということは、混ぜられていない元の色も重要なので、最初は混ぜない状態で紙にそれぞれの色を塗る。こうすることで混色された色がどちらかの色に近くても、「微妙に違う」ことに気づくのである。
・ パレットの広い部屋には4色程度色が出ることが望ましい。2色だと1つの出会いしか無いが、4色だと一挙に6つの出会いに広がる。
・混色に使う色は自由に選ばせる。きれいな色ができることもあるし、そうでないこともある。どのような色の組み合わせがどのような結果になるかは、自分自身で体験させればよい。ただし、出会わせる色は、2色に限定したい。3色以上混ぜると複雑になり、結果を覚えていないので、次からの学習にも活きてこない。
・パレットは作った色が残るように使わせたい。実際に彩色すると同じ色を後になって再び使いたいという事がよく起こる。そんな時、作った色が残っていればそのまま使えるし、もし残っていなくても、パレットの同じ場所を使うことができる。広い部屋をグルグルと混ぜて、一色にしてしまうと、同じ色を作るために新しい部屋が必要になる。
・パレットや水入れは使い方に気をつければ2時間の授業でも途中で洗ったり水を換えたりする必要はほとんどない。汚れたら洗わなければ仕方がないが、普段からパレットや水入れの正しい使い方は意識させておきたい。
・今回の課題のように中心となるものが固まりではなく、形も複雑になる場合は、背景に色を着けてから、中心になるものを描いた方が容易である。しかし、今回は色の変化に気をつけて彩色させるため、白の画用紙にぬらせたかった。そこで、背景にはパステルで色をつけることにした。

【スポンサーリンク】