いつものクレヨン・パスでこんな表現も

いつものクレヨン・パスでこんな表現も基本

 幼稚園や保育所でのお絵描きや小学校低学年の図工では、クレヨンやパスが大活躍。このいつも使っているクレヨンやパスですが、実はとても優れた画材です。力の入れ方や持ち方で線の太さや濃さが変わり、色を混ぜたり、ぼかしたりすることもできます。このページでは、このクレヨンやパスの特徴や題材での扱い方を考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

クレヨンとクレパスの違い

 まずは、クレヨンとクレパスの違いからお話しておきます。ちなみにクレパスは商品名で、サクラクレパス(株)の登録商標です。ひとつの会社が販売している商品名なのに、一般的な商品名のように思われている名前のひとつです。セロテープ-ニチバン(一般名はセロハンテープ)、ピアニカ-ヤマハ(一般名は鍵盤ハーモニカ)などのお仲間ですね。

 タイトルを「クレヨン・パスで」としていますが、このパスはクレパスと考えて頂いて差支えありません。ちなみにクレパスのような商品は「オイルパステル」です。

 ところで、クレヨンもクレパスも成分はほぼ同じ、顔料、固形ワックス、液体油です。この配合の割合が違いが、画材としての性質の違いとなっています。

 その画材としての性質の違いとは、クレヨンは「硬い。折れにくい。線画に向く。」特徴があり、クレパスは「柔らかい。折れやすい。塗りに向く。」という特徴があります。幼稚園や保育所では、線で描くことが多いので、多少乱暴に扱っても折れにくく、手も汚れにくいクレヨンが向くのではないでしょうか。小学校に入ると、混色や塗り広げなどの表現ができるクレパスを使う方が面白いと思います。ただ、クレヨンも各社改良を行って、面塗りをしやすい商品になってきていますので、両者の違いは少なくなっています。

きれいに塗るものという思い込み

 クレヨンやパスを塗るための画材と考えたとき、ムラなく塗った方が色がはっきりとします。絵をきれいに見せるために、隙間なくしっかりとぬるように指導される方もいると思います。

クレヨンやパスで隙間なく塗る

 ここで、自分が4つ切り画用紙に大きく描いたものをクレヨンやパスでムラなく塗ることを想像してみましょう。画用紙が大きいので当然、短時間では終わりません。最初は力を入れてゴシゴシと塗ると色もきれいで楽しいかもしれませんが、しばらくすると飽きてきて嫌になったり、手を抜きたくなったりするのではないでしょうか。私は間違いなく途中で嫌になります。

 大人でも途中で嫌になるのですから、子どもならなおさらです。嫌なことでも途中で投げ出さず、最後までやり遂げる意思の強さも大切かもしれませんが、いくつか塗ることができれば、隙間なくしっかり塗るという技能は身についているのではないでしょうか。

 私たちは、何十、何百と同一品質のものを生み出すことのできる職人のような技能を子どもに身に付けさせようとしている訳ではありません。きれいに塗ることが悪い訳ではありませんが、きれいに塗る以外にもいろいろできることがあるのではないでしょうか。

クレヨンやパスは意外と奥が深い画材

 クレヨンやパスの表現は意外と奥が深いものがあります。力の入れ方で濃さがかわりますし、太さを変化させることもできます。色を重ねることも、混ぜることも可能です。油絵のように盛り上がるような表現や淡いパステルのような感じを出すこともできます。

 このようないろいろな表現のできる面白い画材を隙間なくしっかり塗ることだけに使うのはちょっともったいないのではないでしょうか。子ども達に考えさせて試させて、いろいろな表現にチャレンジさせることが創造的な技能を身に付けることになります。ぜひ、クレヨンやパスの表現を楽しんでみてください。

動画でクレヨンやパスの代表的な技法を紹介

 クレヨンやパスの代表的な技法を紹介する動画を作ってみました。動画の後半では、それらの技法を使って絵に表すところも収録しています。この部分は主に先生方に技法から絵に進む際のイメージを持って頂くために用意しました。動画を子ども達に視聴させて頂く場合は、この後半部分は子ども達に見せないで題材に取り組む方が良いかと思います。動画に影響を受けてしまって、同じような絵になることを回避することができます。

いつもの用具であらたな表現が生まれる「クレヨン・パスでえがく」

 それでは、まとめです。

・創造的な技能が身に付きます。クレヨンやパスでいろいろな表現にチャレンジさせてみましょう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました