お正月らしい羽子板と羽根の掲示物です。羽子板の片側だけを折って斜めにすることで、羽子板の立体感を出しました。その羽子板に松竹梅の飾りをあしらっています。(色画用紙をもみ紙にして和紙のような風合いを出した以前の羽子板の掲示物はこちら。)

1月の掲示物-羽子板

作品イメージ
【用具材料】
○羽根と羽子板
黄土色画用紙(4つ切り)2枚
黄、青、桃色画用紙(8つ切り)各1枚
緑、黒、水、橙、白色画用紙(少量)
○背景
緑画用紙(全紙)1枚
黄色画用紙(全紙)1枚ひし形に切る
○型紙
羽子板の型紙

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説

羽子板
1.各パーツを切る
羽子板
2.羽子板にいろの違う部分を作る
羽子板
3.右側を折って高くする
羽子板
4.松は、カーブした折り線を入れて折る
羽子板
5.竹は半分に折って3つ重ねる
羽子板
6.梅は谷折り山折りを繰り返し、隙間が空いた部分を小さいパーツでふさぐ
羽子板
7.羽根は羽子板の半分の数を作る
羽子板
8.松竹梅の羽子板と羽根
羽子板
9.全紙にひし形に切った紙を重ねる
羽子板
10.羽子板と羽根のバランスを考えながら背景の紙に貼る
羽子板
11.白や黄色の円や梅の形をちりばめる
羽子板
12.完成

補足説明

・羽子板を一方だけ高くなるように折ることで、立体感を出せる。その上に松竹梅の飾りをあしらうことで、より立体的に見えるようにした。
・松や竹の作り方は折り線を入れて折るだけだが、梅のみ2つのパーツを貼り合わせて作る。梅の作り方は季節の掲示物「梅とめじろ」も参考にしてほしい。
・色画用紙の色を記載しているが、多少色を変えても全体のイメージには影響が少ないので、色画用紙は残っているものや小さなものを有効利用して欲しい。
・羽子板の掲示物には色画用紙をもみ紙にして和紙のような風合いを出した「飾り羽子板」もあるので、そちらもご覧いただきたい。


【スポンサーリンク】