秋の空に赤々と咲く、彼岸花の掲示物です。形が複雑な彼岸花を紙帯を使って表現してみました。

9月の掲示物-彼岸花

作品イメージ
【用具材料】
台紙-薄水色画用紙(全紙2枚)
背景-緑・黄緑・白色画用紙(各k全紙半枚)
彼岸花-赤・橙色紙帯(3cm×39.5cm )1輪につき5本
      赤色紙帯(2cm×19cm )1輪につき5本
      緑・黄緑色紙帯(6cm×39.5cm )1輪につき1本

【制作手順】
1.2cm赤の紙帯を細く切る
2.3cmの紙帯に挟み、鉛筆に巻く
3.5セット作り、ステープラーで留める
4.茎を作る
5.台紙に彼岸花を貼る

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説

彼岸花
紙帯
彼岸花
上から5cmほどを残し、2cm幅の紙帯を細く切り込む
彼岸花
切込みを入れた紙帯
彼岸花
3cm幅の紙帯に挟み、接着する
彼岸花
外側の紙帯を巻く
彼岸花
あまり下まで巻き過ぎないように
彼岸花
両側を巻いたところ
彼岸花
5つで一輪にする
彼岸花
下をそろえて
彼岸花
ステープラーで留める
彼岸花
彼岸花の花の完成
彼岸花
真ん中に折り線を付け、さらにその半分にも折り線を入れる
彼岸花
三角になるよう糊付けする
彼岸花
茎に切れ込みを入れ、差し込むようにして、花と茎を接着する
彼岸花
台紙(全紙2枚)と山用(全紙半枚)の色画用紙
彼岸花
山の形にする
彼岸花
流れる雲を白の色画用紙で
彼岸花
斜め横から見たところ

補足説明

・9月の代表的な花である彼岸花の掲示物である。彼岸花の複雑な形を紙帯を巻くことで表現した。
・紙帯を用意すれば特に形に切り取る必要はないので、型紙は無い。
・彼岸花の5つのパーツの根元をステープラーで留めるために、切込みを入れた2cmの紙帯と3cmの紙帯の接着には、ボンドを使い、全体の厚みが増す両面テープは使わない。

【スポンサーリンク】