大きく作るとどんぐりに見えなくなるので、どんぐりそのものの大きさを抑えながら、擬人化して手足を付けることである程度のボリュームを出しました。きのこの家と組み合わせることで、色が豊かになって、かわいく、秋らしいイメージに仕上がりました。

11月の掲示物-どんぐりときのこの家

作品イメージ
【用具材料 全紙1枚の掲示板用
○どんぐり
黒色画用紙(8つ切り)1枚(手足、瞳)
茶色画用紙(8つ切り)2枚(実)
白色画用紙(16切り)1枚(白目)
黄土色画用紙(8つ切り)1枚(帽子)
赤色画用紙(小量)(口)
○きのこ
赤、薄茶色画用紙(8つ切り)各1枚(屋根)
黄、橙色画用紙(16切り)各1枚(屋根の水玉模様)
うすだいだい色画用紙(八つ切り)1枚(壁)
茶色画用紙(少量)(窓枠)
水色画用紙(少量)(窓ガラス)
○背景
黄画用紙(全紙)1枚(背景)
○型紙
きのこの家 どんぐり

【制作手順】
【スポンサーリンク】

制作過程写真解説

どんぐりときのこの家
1.どんぐりのパーツを切る
どんぐりときのこの家
2.上部に切り込みを入れて、ふくらみを出す
どんぐりときのこの家
3.帽子を付ける
どんぐりときのこの家
4.目を付けて
どんぐりときのこの家
5.手足や口をつけてどんぐりの完成
どんぐりときのこの家
6.きのこの家のパーツ
どんぐりときのこの家
7.水玉模様を貼り付けて
どんぐりときのこの家
8.はみ出た部分を切る
どんぐりときのこの家
9.壁に窓枠と窓ガラスを貼り
どんぐりときのこの家
10.角の切り込みを合わせて立体的に
どんぐりときのこの家
11.台紙に貼る
どんぐりときのこの家
12.屋根の部分は丸みを付けて下を浮かすように貼る
どんぐりときのこの家
13.まん中に切り込みを入れ
どんぐりときのこの家
14.重ねて貼って、形を安定させる
どんぐりときのこの家
15.きのこの家の出来上がり
どんぐりときのこの家
16.周りにどんぐりを配置
どんぐりときのこの家
17.斜め横から見たところ
どんぐりときのこの家
18.斜め横から見たところ

補足説明

・どんぐりは大きくするとどんぐりに見えにくくなり、形が単純なために間延びした感じになる。そこで今回は、どんぐりを擬人化して手足を付け、どんぐりより外に出すことで、どんぐりそのものをあまり大きくせずにボリュームをだすことにした。
・どんぐりだけでは、色が単調なので、中央に2種類のきのこの家を配置して、色を補っている。

・きのこの屋根の部分は台紙に貼る際、形の上部のみ接着剤を付け、ふくらみが出るようにした。この時、紙の形は平面のままなので、中央に切り込みをいれ、少し紙を重ねることで、紙のふくらみが安定するようにした。


【スポンサーリンク】