さわやかな5月の青空にたなびくこいのぼりの掲示物です。大きなこいのぼりがポールに取り付けられているのに対し、小さなこいのぼりは自由に空を泳いでいます。こいのぼりを大小用意して、掲示委員の活動などで作りやすいように考えました。

5月の掲示物-こいのぼり

5月の掲示物-こいのぼり
作品イメージ

【用具材料 全紙1枚の掲示板用
○こいのぼり 
黒、赤、青色画用紙(四つ切り)各1枚(こいのぼり体)
灰、桃、水色画用紙(八つ切り)各一枚(こいのぼり模様)
白色画用紙(四つ切り)1枚(こいのぼり模様)
黒色画用紙(少量)(黒目)
黄色画用紙(少量)(矢車)
黄土色画用紙(少量)(ポール)

○背景
水色画用紙(全紙)1枚(背景)

白色画用紙(四つ切り)1枚(雲)
灰色色画用紙(四つ切り)1枚(ビル)
黄色画用紙(少量)(窓)

○型紙
こいのぼりの型紙

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説

こいのぼり1
1.パーツを切る〔写真はこいのぼり(小)〕
こいのぼり2
2.角が直角な方を上にして、上半分に口や白目を付ける
こいのぼり3
3.うろこやエラを付けていく
こいのぼり4
4.ひれの模様ははみ出して貼って
こいのぼり5
5.ひれの形に合わせてハサミで切る
こいのぼり6
6.のりしろを貼り合わせてドーム形にする
こいのぼり7
7.こいのぼり(大)はうろこの数が多い
こいのぼり8
8.同様に半立体にする
こいのぼり9
9.直角に曲がりながら色画用紙を半分して
こいのぼり10
10.2つを並べて背景の色画用紙にはる
こいのぼり11
11.黄色画用紙を四角く切って窓にする
こいのぼり12
12.白色画用紙で雲を作る
こいのぼり13
13.矢車ま内側の三角形の2辺を切り、谷折り
こいのぼり14
14.4つ切り画用紙の長辺を2㎝ずつ折り線を付け8cmの紙帯を作る
こいのぼり15
15.細長い三角柱になるように貼り合わせてポールにする
こいのぼり16
16.こいのぼり(大)をポールの近くに貼る
こいのぼり17
17.まわりにこいのぼり(小)を貼る
こいのぼり18
18.完成作品

補足説明

2011年に公開したこいのぼりの掲示物を型紙を用意して作りやすくしたものである。 うろこが少し複雑になったが、その分、かわいい感じにできあがると思う。
・目やうろこは貼り易いように、平らなまま貼り付けていき、最後に半立体にする。
・注意点は、こいのぼりの体の上下を間違えないことと、うろこ(白)の形に気を付けることの二つである。こいのぼりの体は、のりしろの関係で角が斜めになっている方を下、直角になっている方を上にして、上半分に目やうろこを貼り付けていく。うろこのAとBは形がちがうので、その二つが交互になるようにし、その隙間に扇型のうろこを付ける。

【スポンサーリンク】