実りの秋、森や林には数多くのドングリをみることができます。木の実だけは掲示物になりにくいので、リスを登場させてみました。

11月の掲示物-リス

作品イメージ
【用具材料】
台紙-薄水色画用紙(全紙2枚)
背景-クラフト紙
りす-茶(八つ切り)1匹につき1枚
      白、黒、薄橙、黄土(16切り以下)
型紙-11月の掲示物リスの型紙

【制作手順】
1.型紙にあわせて、部品を切り取る。
2.模様や目鼻、おなかなどを貼り付ける。
3.切り込みを入れ、立体的になるように切り込みを重ねて貼る。
4.各部品を貼りあわせる。
5.クラフト紙をくしゃくしゃにして木の幹にして、全紙に貼る。
6.リスを木の幹や周りに貼る。

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説

りす
材料の色画用紙。大きいものが8つ切り
りす
型紙に合わせて切る
りす
切り取って部品同士を貼りあわせたところ
りす
尻尾は左右逆のバリエーションもできる
りす
再び型紙を重ね、切込みを入れる
りす
折り線を入れる
りす
手の部分は中央がへこむ様に貼りあわせる
りす
手以外の部分は中央が高くなるように貼る
りす
胴体に頭としっぽを付ける
りす
おなかの上に木の実を載せて手を肩から曲げる
りす
りすの完成
りす
クラフト紙をくしゃくしゃにする
りす
木の形に切って台紙に貼る
りす
斜め横から見たところ
りす
斜め横から見たところ

補足説明

・ドングリや木の実を題材に掲示物を作る場合、ドングリをよほど大きく作らないと紙面を飾ることが難しい。しかし、小さなドングリを大きくつくることで、ドングリらしさがなくなり、表現がむずかしい。そこで、リスにドングリを持たせることにしたのが、この掲示物である。
・リスは同じ型紙で切った尻尾を左右反転させたり、目や鼻の位置を少し変えたりして、個性をだしたい。
・木の幹に使ったクラフト紙は、包装紙の廃物利用である。クラフト紙でなくても、色画用紙をもみ紙にして使ってもよい。 下の写真は、色画用紙を半筒状にして、木にしたものである。これは、全紙1枚分の作品である。

11月の掲示物-リスのバリエーション

リスと木
作品イメージ

【スポンサーリンク】