針金の形をペンチで曲げたり、鉛筆に巻いたりして替え、面白い形の線をつくりました。この線が集まって立体的に立ち上がると、線のアートになりました。

高学年立体作品-はりがねアート

まわれまわれ
作品イメージ


【用具材料-材料費500円程度】
針金 2mm×600mm-6本 1.5mm×600mm-10本 1mm×600mm-6本
スチレンボード 180mm×180mm×7mm 1枚
メタリック工作紙 150mm×150mm程度 色違い2枚
メタリックモール 600mm 2色 各2本程度
プラビーズ スチロール球少量

【制作手順-10.5時間 対象-5年生】
1.スチレンボードに色を塗る(2時間)
2.針金を切る、(1.5時間)
3.曲げたり切ったり、巻いたりの練習をする(1時間)
4.基本の形(4本足)を作る(1時間)
5.針金を付け足していく(1時間)
6.スチレンボードに取り付ける、メタリック紙の飾りを付ける(2時間)
7.モールやプラビーズ、スチロール球などで飾る(2時間)

 

【ねらい】
針金1本1本の形を工夫して、タワーのように立体的な造形を作る。

【評価】
針金やペンチを安全に扱うことができたか。
針金の形やホイル紙の形、モールやスチロール球などの色を工夫できたか。

【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


1.スチレンボードの模様の下描き

2.スチレンボードに模様を描く

3.絵の具でぬる

4.班で必要数の針金を切り分ける

5.太さによって印を変えておく

6.1.5mmの針金の形を変えてみる

7.2mmの針金4本で線の形を工夫しながら長さを3分の1程度にする

8.2本をよじって足を作る

9.よじった2本どうしを1mmの針金で束ね基本の形にする

10.束ねた部分を下にすると丸い感じになる

11.横や斜め、上などに針金を付けていく

12.針金1本1本の形をくふうしながら取り付ける

13.メタリック工作用紙を表を内側にステープラーで留める

14.形を描いて切り取り、表に返してハトメパンチで留める

15.紙はボンドで留め、ハトメは針金用

16.飾りを針金に付ける

17.針金をスチレンボードにボンド付きで刺して固定

18.長さが合わないときは、曲げ方を工夫して

19.スチロール球やモールを使って飾る

20.完成作品

21.完成作品

22.完成作品

23.完成作品

24.完成作品

補足説明

・紙貼りのスチレンボードの7mm厚を3×6判(1800mm×90mm)の板で購入、無駄が出ないように180mm×180mmに切り分けて一人分とした。
・スチレンボードの両面に紙が貼られたものは、針金を差し込んで固定しやすい。そのままでは針金が抜けてしまうので、ボンドを針金につけて差し込んだ。
・針金は巻かれたものを購入して班に渡し、600mmに切り分けさせた。この材料準備の時間が余分にかかる。時間を短縮するためには、カットされたものを購入するか、教師があらかじめ切り分けるしかないが、予算と手間を考えて実情に応じて考えてほしい。
・2mm×600mmの針金の形を変えて200mm程度にし、その4本を組むことで基本の形とした。この基本の形を作るところまでは、全員の進度をあわせて行う。基本の形ができれば、立体的にならないということはなくなる。
・この題材は針金を曲げたり、巻いたり、ねじったりしてできる形を工夫して、その工夫した形を集めることで形のおもしろさを表現するものである。一方、針金の形をうまく変えられず、単にぐるぐると巻き付けていても偶然面白い形ができることがある。これはこれで認めればいいが、評価まで考えると教師のねらいがどこにあるかでこうした偶然のおもしろさの扱いが変わってくる。
・メタリック工作用紙やプラビーズ、メタリックモールなど色のある材料は班に配った。班の中で分けることで、色が公平になるように分ける班や、色の片寄りのある分け方をする班など、違いがでる。材料についても使う材料と使わない材料があっていいことを知らせておくと、材料の種類も片寄りのある分け方が出てくる。すべて公平に分けるとみんなが同じものを使うことになるが、班であえて片り寄を認めて分けるようにすると出来上がる作品にも違いができておもしろい。
・メタリック工作紙は両面のものがなかったので、2枚を貼り合わせて使った。針金に取り付けるために、ハトメを付けると見た目も良くなり、丈夫である。

【スポンサーリンク】