紙バンド(クラフトテープ)は、ねじって紐状にした紙を貼り合わせて平らにした結束用素材ですが、その質感の面白さや丈夫さから手芸にもよく使われています。紙バンドは、切ったり、折ったり、曲げたり、編んだり、裂いたりすることで、形や質感を変えることができます。この紙バンドを使って立体的な作品を作ってみました。

中学年立体作品-紙バンドランド

まわれまわれ
作品イメージ

【用具材料-材料費550円程度】
MDF板179mm×150mm×9mm1枚
マスキングテープ 1巻
紙バンド 茶 1m6本 白1m2本

【制作手順-8時間 対象-4年生】
1.紙バンド(茶)を3本使い、どんなことができるか試す(2時間)
2.MDF板に絵の具で色を着け、ニスを塗る(1時間)
3.MDF板に形を工夫しながら紙バンドを付けていく(5時間)

【めあて】
切ったり、巻いたり、折ったり、編んだり、裂いたりして、紙バンドの使い方を工夫する。
イメージを広げながら、自分なりの〇〇ランドを紙バンドで表現する。

【評価】
切ったり、巻いたり、折ったり、編んだり、裂いたりして、紙バンドの形を工夫することができたか。
自分なりのランドをイメージして立体に表すことができたか。
【スポンサーリンク】

制作過程写真解説

〇〇01
1.準備-紙バンドを扱いやすい長さに切る
〇〇02
2.1mの状態のものをひとり3本試す材料として用意した
〇〇03
3.ホッチキスで留めたり、マスキングテープで束ねたりすることで
〇〇04
4.硬くて接着しにくい紙バンドが扱いやすくなる
〇〇05
5.紙バンドは裂くことで紐のようにすることができる
〇〇06
6.折ってばねのようにしたり
〇〇07
7.編んでもおもしろい
〇〇08
8.MDF板に絵の具とスポンジで色をつける
〇〇09
9.混色してもおもしろい
〇〇10
10.色止めのためにニスをぬっておく
〇〇11
11.試したことを活かして作品にしていく
〇〇12
12.白い紙バンドも材料に加えた
〇〇13
13.台と紙バンドを付ける時は教師がガンタッカーを使った
〇〇14
14.自分なりのランドをイメージして作っていく
〇〇15
15.マスキングテープを効果的に使ったり
〇〇16
16.割いた紙バンドを編んだり
〇〇17
17.色のちがう紙バンドをくみあわせたり
〇〇18
18.短い棒のように使うこともできる。
〇〇19
19.ひとつの作品の中に
〇〇20
20.紙バンドの違った使い方がたくさん入って
〇〇21
21.どんどん工夫されていく
〇〇22
22.クラフトパンチで型抜きした色画用紙も飾りに
〇〇23
23.マスキングテープとクラフトパンチの色でカラフルになった
〇〇24
24.完成作品A
〇〇25
25.完成作品B
〇〇26
26.完成作品C
〇〇27
27.完成作品D
〇〇28
28.完成作品E
〇〇29
29.完成作品F
〇〇30
30.完成作品G

補足説明

・紙バンドを使った立体工作である。紙バンドは茶色のものが360m巻き、白が30m巻きで教材カタログに掲載されていた。(2019年版)1mあたりの価格では、茶色が安価である。
・手芸用に白以外の紙バンドも多数市販されているのでそちらを使用するのもおもしろいだろう。
・紙バンドは児童が扱いやすいように1mの長さに切って配布した。
・紙バンドは復元力が強いので、折ったり曲げたりしたものをボンドで留めることが難しい。そこで、今回はマスキングテープを用意して、それで巻いて留めるという方法を取った。マスキングテープは、いろいろな柄が市販されている。この模様の効果で接着と同時に装飾の役目も果たすことができる。
・紙バンドも紙と同様に折ったり、曲げたり、切ったりすることができる。この題材の前に、紙を使った工作「ゆめ模様のペーパーアート」で紙の加工の仕方を学習している。紙の変身というプリントも参考にしていただきたい。
・紙バンドの最も大きな特徴が、裂けるということである。これを効果的に使うと、紐のように扱うことができ、表現が広がる。
・板への接着の際、形が固定していて立つ形の場合は木工ボンドで接着できる。また、樹木のような形の場合は、根元に紙バンドを巻き付けることによって、接着面を広くして木工ボンドを使うとよい。紙バンドを帯のままねじったり、アーチのようにしたりするという要望にはガンタッカー(大型ステープラー)を使って教師が板に固定した。
板に取り付けた紙バンド同士を束ねたい場合も出てくる。そんな時マスキングテープを使っても良いが、ホッチキスで留めるもの簡単である。
・紙バンドは使い方によってかさが随分変わってくる。しっかりと巻き付けたものと広げたものものでは大きさが全く違う。このため配布した材料では足りないという子どももでてくる。そのような子のために追加で配布できる予備の紙バンドを用意しておきたい。
ここがポイント
・素材との最初の出会いでは、どんなことができるか試す時間を持ちたい。この試す経験が作品に向き合う時のイメージの広がりにつながる。ちなみに、この試す時間では、1mの紙バンドを配布後、子ども達に半分の長さに切らせている。つまりこの時の材料は50cmの紙バンド6本である。これは、本数が多い方がいろいろ試すことができるのと、50cm程度の長さが子どもにとって扱いやすいからである。



【スポンサーリンク】