四角いイメージのあるダンボールですが、電動糸のこを使って切ることで、複雑な形を作ることができます。また、片面のダンボールであるウエーブシートは、ハサミで簡単に切ることができ、巻いたり、曲線を作ったりすることが可能です。この題材では、板ダンボールとウエーブシートを使って、自分なりの不思議な形を作ってみました。

高学年立体作品-ダンボールから生まれた不思議な形2

まわれまわれ
作品イメージ

【用具材料-材料費500円程度】
板ダンボール280mm×190mm×4mm 黒、白、茶 (各色2~3枚程度)
ウエーブシート500mm×300mm×3m黒、白、茶 (各色1枚)
木工ボンド(接着用)
グルーガン・グルーステッィク、セロハンテープ、輪ゴム(仮止め用)
紙管 20mm~50mm程度に切断したもの

【制作手順-10時間 対象-5年生】
1.ウエーブシートでどのような形ができるか試す(2時間)
2.板ダンボールでどのような形ができるか試す(2時間)
3.台になる部分の形を工夫して作り、そこに形を付け足していく(4時間)
4.アクセントとなる飾りを付ける(1時間)
5.鑑賞する(1時間)

【導入】
「ダンボールは身近にある素材ですが、重ねると厚みを出すことができ、ウエーブシートは曲げることもできるね。色も白、黒、茶と3色を用意しました。試しながらいろいろと作ってみて、不思議な形の立体を作ってみましょう。」

【めあて】
ダンボールの特徴を活かし、色や形を工夫して立体を作る。

【評価】
ダンボールの特徴を活かしながら、切ったり、重ねたり、巻いたりして形や色の面白い立体を作ることができたか。
【スポンサーリンク】

制作過程写真解説

〇〇01
1.ウエーブシートを使い易い大きさに切る

〇〇02
2.白、黒、茶のウエーブシートを準備する

〇〇03
3.帯状に切って

 

〇〇04
4.どのような形ができるか試す

〇〇05
5.扇風機のような形ができた

〇〇06
6.内側の形を工夫することもできる

〇〇07
7.板のダンボールは重ねて
〇〇08
8.複数枚を同時に切るとおもしろい
〇〇09
9.どんな形ができるか板ダンボールでも試す
〇〇10
10.違う色を組み合わせると面白い
〇〇11
11.台になる部分からつくりはじめる
〇〇12
12.紙管は板ダンボールの隙間を開けて重ねるのに便利
〇〇13
13.最初に試しに作った部品を付け加えても良い
〇〇14
14.台となる部分を立てても面白い
〇〇15
15.色も考えならが部品を付け加えていく
〇〇16
16.仮止めが必要な時は、ボンドとグルーガンを併用
〇〇17
17.立体的で面白い形になるように工夫する
〇〇18
18.クラフトパンチを使って小さな飾りを作る
〇〇19
19.クラフトパンチの飾りをアクセントにする
〇〇20
20.完成作品
〇〇21
21.完成作品
〇〇22
22.完成作品
〇〇23
23.完成作品
〇〇24
24.完成作品

補足説明

・この題材は、ダンボールから生まれた不思議な形1を発展させたものである。違いは、基本の形を作ったか作らなかったかという部分にある。本題材では基本の形を作っていないので、子どもによって形や構造が随分ちがう。また、板ダンボールを隙間をあけて接着するために、以前はウエーブシートの柱のみを使ったが、今回は紙管を20mm~50mm程度に切ったものを用意した。
・ウエーブシートは90cm×3mのものが教材カタログに掲載されている。これを購入し、子どもが扱いやすいように、事前に30cm×50㎝に切り分けた。
・白、黒のダンボールともに教材カタログに掲載されているが、黒ダンボールは扱いが少なく、若干割高である。また、厚みも白や茶より薄いものしか手に入らなかった。
・紙管は拡大機の感熱ロール紙の芯に使われていたものである。非常に丈夫で子どもでは切断しにくいので、あらかじめいろいろな大きさに教師が切断しておいた。また、黒や白に着色したものも用意した。
・一人分の材料はおおよそ決まっているが、色を限定して使いたいという要望に応えるために、材料を多めに用意し、ある程度同じ色のダンボールと取ることができるようにした。
・接着に時間がかかると活動が中断してしまう。そこで、セロハンテープや輪ゴムを使って、仮止めしながら制作させた。セロハンテープはボンドが乾いたらはがす必要があるが、輪ゴムはハサミで切るだけで、簡単にはずすことができる。グルーガンも使って接着したが、あくまで仮止めとしてのものなので、ボンドと併用して使用させた。(はじめにボンドを隙間を空けて点を打つように付けておき、その点の間にグルーガンを使う)

【スポンサーリンク】