紙紐なのに形が変わったまま固定できる。そんなおもしろい性質の針金入り紙紐を使って、くねくねランドを作ってみました。公園のように遊具があったり、不思議な木が生えていたり、イメージが広がります。

中学年立体作品-針金入り紙紐を使った「くねくねランドへようこそ」

作品イメージ
【材料 ひとり分-費用約300円】
発泡スチロール版25cm×25cm×2cm  1枚
針金入り紙紐50m巻き(5.6人で1箱)
ブラビーズ(クラス1箱程度)
ビニタイ (1m)

【制作手順-5時間 対象-4年生】
1.針金入り紙紐を折る、巻く、捻るなどして形を変えてみる。
2.形や組み合わせに注意しながら紙紐をスチロールに差し込む。
3.ビニタイやブラビーズを使って飾る。
4.作品を鑑賞する。
【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


材料。スチロール以外は、班で。

折る、巻く、捻るという3つの方法で形を変える。

折る。

巻く。細い直定規のようなものに巻くのもおもしろい。

捻る。

紙紐を使った授業の2回目は、スチロールと紙紐で

くねくねランドからイメージしながら。

紐同士の関係に気をつけながら。

紙紐は、スチロールの横に差しても、裏に差してもいい。

完成作品

完成作品

完成作品

補足説明

指導案に詳しく説明しているので参照いただきたい。
・紙紐の中にステンレスの細い針金を芯にした製品がある。この針金入り紙紐は、曲げたり、巻いたりした形を保持することができるので、その性質を利用した教材を考えてみた。
・ 針金だと、中学年で利用するには、アルミのなまし線を使っても、それほど太い物は利用しにくい。この紙紐はある程度の太さがあってボリューム感が出せ、扱いやすい素材である。
・初回(2時間)は、針金入り紙紐の扱い方と「曲げる」「巻く」「捻る」という3つの方法で形を変える練習を行った。次の2時間は、スチロールに形を作った紙紐を突き刺し、「くねくねランド」を作るという流れである。
・最初に材料を提示しすぎると考えがまとまりにくくなると考え、紙紐だけで形を作ったあと、後半にビーズやビニタイを使う事にした。
・材料の発泡スチロール板は、上記の寸法のものを注文すると割高になるので、180cm×90cmのものを必要枚数購入して、教師が卓上スチロールカッター盤で切断した。切断も3枚程度なら束ねて一度に切れるのので、時間もそれほどかからない。

【スポンサーリンク】