曲げるときれいなカーブを描く籐。この籐を使って小さな宇宙を表現してみました。紙粘土にストローを通して、籐を通していくと、美しい曲線で囲まれた空間ができます。これを自分なりの宇宙と見なして、形を決めたり、飾りをつけたりしていきます。

中学年立体工作-籐の曲線を活かした「小さな宇宙」

作品イメージ
【材料-ひとり分-費用約500円】
・籐  直径3mm×2m程度を3~4本(1kg束で長さ合計が約300m-75人で2束を使用)
・超軽量紙粘土   L:19.5×11.6×3.1cm 約230gを1/2
・台用シナベニア   20×20×0.55cm
・ストロー5本程度(1本を3等分して使用)
・モール2~3本
・ブラビーズ 10個程度
・ビニタイ 約1メートル
・厚手スポンジ


 【制作手順】
1.紙粘土(1/4)に絵の具を混ぜ込み球を10個作る。
2.ストローを3等分して、紙粘土の球に差し込む。
3.紙粘土(1/4)の一部で球の周りに飾りを施す。
4.籐で囲まれた世界をイメージして残りの紙粘土で飾りになるものを作る。
5.アクリル絵の具をスポンジに含ませて、挟むようにして籐に色を付ける。
6.ジョイントや飾りを籐に通して立体的に組み上げていく。
7.ブラビーズやビニタイ、モールを使いながら装飾する。
8.ボビーホッチキスでシナベニアに留めて固定する。
【スポンサーリンク】

制作過程写真解説


紙粘土1/4でジョイント部分を作ります。

紙粘土に絵の具を混ぜ込んで色粘土を作りましょう。

10個の団子にして、ストローを3本通します。   
  

ジョイントに別の色を付けた紙粘土で飾りを付けます。

飾り用の作品には、ストローを1本通します。

実際の制作風景

籐に色を塗ります。

籐をジョイントに通していきます。

ビニタイやモールで飾ったり縛ったりします

色を塗った板にボビーホッチキスで留めます。

籐の端にモールを巻くと外れません。

完成作品
 

補足説明

・籐の束は、 1~4mのまちまちな長さのものが混じっている。長すぎても扱いにくいので、適当な長さにだいたいそろえておく。
・開封した紙粘土は、堅くなっていくので、小さく小分けしながら渡すなどの工夫をする。特に飾りを付ける時の粘土の量は子どもによって随分ばらつきがあるので、少なめに切り分けて渡すとよい。
・籐が立体的にならない場合は、ジョイントだけで留めるのではなく、ビニタイなどで籐同士を結んでもよい。
【スポンサーリンク】